失望と変わった記憶

20代/女性

 私が死にたいのは、命を守ることに疲れたからです。それとかなり変わった部分があるからです。

 小さい頃、私は「できる子」だったようです。実際幼稚園で小学校高学年の漢字が読めたり英会話教室でアルファベットの覚えが早かったり、何かと親に褒められていた記憶があります。ですが幼稚園は地獄でした。着たくもない園服を着せられ、冷め切ってぼそぼそした給食を食べさせられ、先生たちはいつも面白いくらいに機嫌が悪かったです。今なら何か法律に引っかかるような幼稚園でしたね。通園費用が安く、PTAもなかったので父兄には好評だったらしいのですが、実はお金の絡みでやらかしているのを隠していたらしいです。

 子どもだった私には登園拒否する選択はできませんでした。よく大声で泣いたりしていたので、おそらく私も先生に殴られたくらいはあったんじゃないかな? クラス全員の前で一人の子がつるし上げられることもよくありましたし。

 幸い私は祖父が地域の「偉い人」だったため、えこひいきという形ではありましたが割かし酷いことはされなかったです。しかし父親がよく殴ってきたり母親が父をかばい続けたりしたので、私は「相手を怒らせないこと」を基準に行動するようになっていきました。

 結局何も言葉がでなくなり、幼稚園での虐待じみた経験もあってか小学校以降も家の外では話すこと、クラスで他の子と意思疎通をすることができなくなりました。喉がつまったような感覚がして、声が出ないんです。最近になって、失声の症状があるとわかりました。正直声が出ないのは好都合でした。私にはいろいろと変わったところが多すぎたからです。

 なんというか、今の人生は2週目というか、いわゆる前世? らしき記憶があるんです。 幼稚園の頃に漢字が読めたとか、表向きに別の理由をつけたのですが、幼稚園の時将来の夢に「昔やっていた職業」を言ったりとか。アヤシイ話だと思われて仕方ありません。親に「人は死んだらまた生まれてくるんだよ」と言ったら気持ち悪い顔をされましたし。

 けど、私の中では真実で、全然知らないはずの場所を好きだなと思ったり、食べたことのない「ひつまぶし」を食べたいと言って気味悪がられたこともありました。なので、このことは誰にも話せていませんし、大人になったらもう妄言扱いになるので。私は変なんだ、しゃべっちゃいけないんだと思うようになりました。

 大学などで前世の記憶を研究されている方は大体幼い子ども(大人になったら前世って忘れてしまうらしいです。大人だと話を作れますからね)の持つ「記憶」を募集することが多く相手にされないでしょう。かといって霊能者はお金をとるばかりの印象があって近づきたくもありません。

 もっとも前述の失声や親の暴力、学校での孤立やいじめもあって生きるのがいっぱいいっぱいになって、それでも「勉強しないと荒れた高校に行くことになる」と言われて頑張って進学校に入学しました。しばらく「前世」のことは忘れていましたし、友達ができてしゃべれたりもしました。それでも全然知らない土地を異様に懐かしく感じたりはありましたが。 勉強頑張って高校行ったら、今度は大学入るのに勉強することになったり、結局赤点をとって親に殴られ「おまえはできる子なんだよ。頭いいし運動だってできるんだよ」とすがるように言われたり、「高校生なんだよ!」と「お友達と外で遊んで青春を満喫すること」を期待されてしんどかったです。私は昔から疲れやすく、中学で起立性調節障害と診断されたりもしたのですが、「お外に行こうよ、家にいてばっかじゃない」とやたら無理矢理親に「おでかけ」させられました。行かないとヒステリー起こされるので、生きるために我慢していました。おかげで宿題する時間がなくなったこともあったのですが。

 親は「勉強ができて運動もできてお友達もたくさんいる」娘がほしかったようなので、私が生まれてしまったのははずれくじだったんじゃないかな。

 いろいろ失敗して短大に進学し、声優さんやイラストレーターに憧れても親に「普通にお勤めして。安定した長くいられる会社で」と言われ従おうとしましたが精神を病んでしまい、全部だめになってしまいました。むかつくのでたくさん腕をきりました。親はなにも反応しなかったです。

 結局前世の記憶があり何もできなくなった私は、短大をやめてひとりぼっちになり、その後いろいろあってずっとひとりぼっちでいます。好きなひとができてもわざと自分から嫌われて、その後寂しさとか全部こらえてます。

 そもそもこの世界って、とってもいきにくいです。人と人が出会えば殴り合って戦争して。人を利用したりだましたり、私は女なので30歳こえたらもう終わりかなと思っています。30すぎると途端に世の中から大人らしくとか家庭を持てとか欲求されますし、私は全部諦めています。めんどうだし、人間という生き物が信用できません。前世のこと話せないのも苦しいですが、愛を感じられない世界や暴力に満ちた日常に失望しました。

 母親には近所のコンビニに行くのにも許可が必要ですし、何を買ったのか聞かれることも多いです。私は働いていませんし、怒らせて面倒にしたくないので従っています。ぜんぶ、ぜんぶ面倒です。命を守っていれば、幸せになれるとしんじてました。実際優しいひともいましたが、母がうるさいので外出が難しい。結局私がヒステリーを起こして嫌われてしまう。 愛がほしかったです。安全がほしかったです。前世とか、知らないほうがしあわせだったのかな。どうせ人は、いつかは死ぬのに、わざわざ戦争するんだろう、いじめとか差別とか、価値観の押しつけとかするんだろう。

 眠ってる間に消えればいいのにと思ってしまいます。

感想1

「愛を感じられない世界や暴力に満ちた日常に失望」させるような世界をつくってしまって申し訳ありません。同時に、私はその失望に共感しました。

愛ってどうすれば分かち合えるのでしょうか。どうしたら安全に暮らせる世界になるのでしょうか。戦争は繰り返され、いじめ・差別、価値観の押し付けなどは身近に溢れているので、他人事とは思えません。切実に何とかしたいと悩んでいます。

母親に理想像を押し付けられて精神的にも物理的にも拘束され、自分として存在すること、生きることは認められなかったのだと思います。そのなかで何とか命を守ってこられて、この経験談を通して繋がってくださったことに敬意と感謝を抱いています。

存在を否定されて苦しんでこられたから、この世界の暴力がよりよく見えるようになったのではないか、とも思いました。私は、こんな世界のままでは誰も幸せになれるとは思わないし、世界を変えたいと思っています。世界を変えるためには、この経験談のように、世界は暴力に満ちて、愛が失われていることへの警鐘を発信してくださることがとても重要だと考えています。

また、前世らしき記憶があるというお話も興味を持ちました。この社会では、一般論から外れることは言ってはいけない雰囲気があると思います。しかし、少数派の人の話を聞かなければ社会は進歩しないし、生きづらさを抱え続けるだけだと思います。学問的な研究はなかなか難しいのかもしれませんが、機会があればもっとお聞きしてみたいです。

どのように生きるかは、個人の自由であるはずなので、社会が押し付けてくる価値観に流されず、あなたらしく人生を歩んでもらいたいと思いますし、そのために死にトリで協力できることがあるなら教えてください。

感想2

経験談読ませて頂きました。子どもの頃から暴力のある日常の中を過ごしてきたのですね。暴力から身を守るために「相手を怒らせないように」親の望みに応えるにも、「変わった部分のある」あなたが、親の望む良い子でいることを保つのは、人には理解されにくい苦労や努力も多かったのではないかと私は思いました。
そして、前世の記憶。私にはTVでたまに見る位で、身近に前世の記憶がある人とお話したことがないので、前世の記憶があることが、どのくらい生きづらさとなるのか、なかなか想像が及ばず、純粋にもっと詳しく知りたいと思いました。

私には、あなたが人間の嫌な面以外の側面に触れる機会があまり得られてこなかったように感じられ、人間が怖くもなっているのかなと思いました。人間が何故戦争やいじめや差別をするのか、なぜ価値観を押しつけるのか、それらが蔓延している社会に失望することには共感します。ただ、人間の嫌な面以外の側面も経験できると、人間に希望を見い出せたりもするのだろうかと私は思いました。

お返事

【感想1への返信】
 ご感想ありがとうございます。前世の記憶についてですが、実は結構有名な方の記憶なんじゃないかな? と思っています。学生時代に教科書に載っていたある方のお写真を見て「わたしの写真だ!」と訳も分からず怖くなり、しばらく授業に集中できなくなったことがあったので。最近その方について調べる機会があったのですが、私の「おぼえている」職業や場所、果ては学校名までもが合致していました。
 なので本当に前世というものに理解があって、なおクローズの場所でないとお話がしにくいです。有名人の生まれ変わりだというと、真っ先に妄言扱いされてしまうイメージもあります。ですがアメリカなどでは輪廻転生に関する科学的研究もされ事例も研究されている他、日本国内でも中部大学で生まれる前・前世のことを話す子どもについて研究され、実際にそのような子どもをネット上でお探しになっている教授がいらっしゃるのですが、成人は申し込んでも怪しまれるだけでしょうし……。
 日本で前世の相談というと、やはりスピリチュアル関係になってしまいますし、霊能者とか占い師に別件で相談したこともありましたが、正直何かに取りつかれてるかのように高圧的なひとが多いわ絶対ぼったくりの相談料金だわで……。メンタルの薬は悪とか、あなたは過去を浄化しなきゃいけないから私のとこ通ってね(1回で2万円取られたので行かなかった)とか、話していていきなり「地球という場所はクズなんです!」とわめきだしたスピリチュアルカウンセラーもいました。逆に笑えました。それでも精神科に抵抗がある心の不調の方や、私のように前世のことや霊能のことで悩んでいる方はそういった怪しいスピリチュアルにしか駆け込む場所がないんじゃないでしょうか。
 大学などで真面目に研究されている方で受け入れてくだされば、私も正直にお話できるのにな、と思っています。
 また、私はガラケーなのでLINE相談が使えず残念でいます……。


【感想2への返信】
 前世の記憶について答えられる範囲でいいますと、今は女性ですがその時は男性だったようです。また。「1」の方への返信にも記しましたが、結構有名な方の記憶のようなのでその方の名を聞くとすごく気持ちが揺さぶられることがあります。その方がしたことを知ると異様につらくなってしまいます。逆に嬉しかったりすることもあります。落ち着かないです。
 一番に、今こんな状況なのでその方に対して「こんな風でごめんなさい」と自己嫌悪に陥ることが多いです。
 最近「異世界に転生して前世の記憶・知識で楽に生きる爽快感」が売りだという「転生もの」のノベルスや漫画が流行っているようなのですが、好きな人がいらっしゃるとわかっているうえで、ああいうのを書いているのは何もわかっていない馬鹿ばっかりだといいたくなります。そう思わない、純粋に「面白いと思う作品もあるので断言はできませんが。
 それくらい前世を背負って生きるのって辛くえぐいです。