こえサーチ第17弾 2021年の体や心の不調について


ネットの居場所ポータルサイト「死にトリ」では、2021年12月24日〜2022年1月24日の期間に、こえサーチ第17弾として「2021年の体や心の不調について」のアンケート調査を実施しました。ここに寄せられたみなさんの声をまとめましたので、報告します。

今回は227件の声が集まりました。今回もたくさんの方にご参加いただきまして、ありがとうございます! 

なお、この結果を無断転載することは固く禁止いたします。

参加者について

性別

今回のアンケートも前回までの傾向が続いていて、性別についての回答は「女性」が78.0%と大多数でした。

年代

年代で見ると、「20代」が34.36%、「10代」がついで多く29.52%でした。「60歳以上」も0.44%いました。

心身の調子について

今回のテーマである心身の調子について、聞きました。

調子が悪いと感じたこと

まず、「2021年の1年間で心身の調子が悪いと感じたことはありましたか?」と聞きました。

結果は「調子に波があった」という人が多くいました。また「ずっと調子が悪かった」と答えた人も少なくありませんでした。

その他として、

  • 前は元気だったけど、9月くらいから不調気味
  • ずっと悪いと言えば悪いし、悪くないと言えば悪くない。って感覚

という回答もありました。

調子が悪かった時期

次に、「2021年で、調子が悪かったと思うのはいつですか?すべて選んでください。(複数回答可)」と聞きました。

この回答からは、「2月」がピークで、「3月」からは下がり、そこから細かい上下はあるものの、冬に向けて少しずつ調子が悪かったと感じている件数が増えていることがわかりました。これが単年度のことなのか、毎年の傾向なのかは今年だけではわかりませんが、顕著な違いが出ていることがわかりました。

調子が悪かったところ

次に「調子が悪いときがあったと答えた人に質問です。調子が悪かったのは、主に体ですか?心ですか?」と聞きました。

この質問に対しては、大多数の人が「体と心の両方」と答えました。「どちらかといえば心」と答えた人も40.3%いて、心の調子が悪かった人は約97%だったことがわかりました。

不調の内容

「調子が悪いときがあったと答えた人に質問です。具体的にはどんな不調がありましたか?当てはまるものをすべて選んでください。」という複数回答可の質問をしました。

細かくなってしまったため少し見づらいですが、一番多かったのは、「死にたさ・消えたさ」でした。サイトに来るユーザーさんの傾向を表している内容と言えそうです。他にも「疲れやすい・倦怠感」「寂しさ・孤独感」「気力がない」「集中できない」「絶望感」などが多く上がっていました。たくさんの項目にチェックを入れている回答者の方が多いのが印象的で、みなさんがさまざまな不調を抱えていることがわかりました。

また、その他として以下の回答もありました。

  • 急に目が見えなくなったり耳が聞こえなくなる。
  • 身体が痒い
  • 何もないときに涙が出る
  • 現状の焦り(仕事をしたい等)
  • 喉の痛み、詰まり、違和感、胸焼け
  • フラッシュバック
  • 食欲不振、吐き気、パニック障害
  • 低音障害型感音難聴、微熱
  • 解離症状(慢性的な離人感、軽い健忘及び遁走)
  • 現実感がなく、夢と現実の区別がつかない
  • 目が乾く
  • 頭が働かない

不調に関係していたこと

「調子が悪いときがあったと答えた人に質問です。不調に関係していたこととして、思い当たるものをすべて選んでください。」と複数回答可で聞きました。

多かったのは「人間関係」、次いで「家庭に関すること」、それから「病気(メンタル系)」でした。また「気温や天候など気象状況」にも100人以上がチェックを入れていました。

調子がよかった月

今度は、調子がよかった面について聞きました。

まず、「2021年で、調子がよかったと思うのはいつですか?すべて選んでください。(複数回答可)」と聞いてみました。

結果としては「調子がいいときはなかった」という人が多数派でしたが、「1月」「2月」が調子がよかったと答えている人が他の月より多くいました。

上でした「調子が悪かったと思うのはいつですか?」という質問でも、「1月」「2月」という回答が多かったため、この頃には調子が悪かったと思う人と調子がよかったと思う人の両方がいたということがわかります。

調子のよさに関係していたこと

次に「調子がいいときがあったと答えた人に質問です。調子のよさに関係していたこととして、思い当たるものをすべて選んでください。(複数回答可)」という質問をしました。

この質問の回答として一番多かったのは「調子を悪化させる要因がなかった・少なかった」でした。ここから、日々調子を悪化させるさまざまな要因があり、それがない、あるいは少ないと調子がいいと言える場合が多々あることがわかります。

他に「人間関係」「気温や天候などの気象状況」「病気の症状軽減・治癒など(メンタル系)」が多く回答されていました。これは不調に関係していたこととしても多く挙げられていた内容なので、調子を左右する要素として大きなものなのだろうと思いました。

体や心の不調についての自由記述

最後に「2021年の体や心の不調について、自由に記述してください(100文字以内でお答えください)。」と聞きました。

以下に回答を掲載しますので、リアルな声をぜひ読んでみてください。

  • 主にネットの情報に振り回されることが多かった気がする。流行り病に、突然の事件からネットでキラキラした生活を送る、人々の話等…SNS側も情報をじゃんじゃん流す仕組みになっているのも困りもの
  • 自分が何を思っているのか分からない
  • 転職で、仕事へのプレッシャーや不安に大きな波があった。また、自分の本当にしたいことができなくて、つらい時期が多くあった。
  • ずっと薄暗いまんま
    何もかも上手くいかなくて
    人生投げ捨てちまえばいいなて思った
  • 介護職をしております。介護職は他の職員との連携を必要とする職なので、特に気を使います。人間関係で悩んでいるとき、いつも救われるのはご利用者様の笑顔だったり、何気ない一言で救われています。
  • 方々に相談したが無視された。人間が嫌。
  • 今月、仕事を辞める目途が立ってようやく良いと感じる日が出てきた。基本的には服薬状況と職場の人間関係が原因だと思う。
  • ストレスの全てが常に何らかの症状で心身に出ていた。処方薬の副作用で更に悪化することもあった。話しても仕方がないという諦めから他人に話すことを諦めた失望感も不調を増している原因になっていると思う。
  • 体の不調に心がついていかず、心も不調になるからまた体に不調が出る…の悪循環をずっと繰り返していた感じがします。
  • やはりこの先の不安というのが大きい。コロナは一生続くのだろうなぁ
  • 6月にオランザピンを服薬するまで、ゾンビのように家の中で過ごしていた。外に出ても綺麗なものを見ても何も感じず、勝手に涙だけが流れた。
  • コロナワクチン接種後にありがちな倦怠感と頭痛に寝込みました。
  • 感情の変化が激しかったり、頭が重くなったり、自殺について考えることが多くなった。友人?にいじめらしきものを受けていたのも原因。学校に行きたくなくなった。
  • 忙しくないと考え込んでしまってどんどん悪い方向に落ちていった
  • 気持ちの変化が激しくて何も出来ない日が多かったです。病院の先生に話はして、親には伝わってると思う。でも、理解されなかった。それが今年で一番辛い。
  • 仕事が向いてない!自分の無能さに落ち込む。迷惑かけて消えたいし、消えたほうが周りも助かると思う。5月に上司に向いていないと思ってる旨相談して、来年異動予定となったけど、もう限界なんだが?
  • 明確な精神疾患2年目。傷病手当を受け取りながら生きていれば何かが変わるかと思ったが何も変わらず。何にも干渉されず何もしないことが許されない人生を生きる気力が無いと判明。
  • 星の巡りがどれくらい関係しているかわからないが私は8月末〜9月と、仕事の繁忙期やマルチタスクの多い11月〜は希死念慮を感じることが多く、神経内科の受診を悩むことも多いです
  • 自分のために幸せになる意味、生きる価値がないような感じる。人からのプレッシャーを強くかんじ、気持ちを理解してほしいと思う。
  • 死にたいというより、生きるのがつらい。歳と共にツラい気持ちが増幅しているようだ。
  • 掃除が出来ない、無駄に買い物をしてしまう、選べない、自炊が出来ないあたりが調子が悪い(メンタル)ときに自覚しやすいなぁと思いました
  • 同じ区間の電車人身事故が繰り返し発生して、心がざわざわして不安でたまらない。似た年代の方が自殺したりしているので、他人事ではない。
  • 下半期は特に悪かった。体調も悪化し、何日も起き上がれない日が続いた。今も周りに理解者がいないのが1番つらいです。
  • 離婚したら夫から解放されるので離婚したい。子供達のことを想い我慢している。夫は家事や育児は言われないとやらないし、私の方が金銭的に安定している。夫へは好きという気持ちだけだったが、もう無い。
  • 芸能人の自殺の話題や著名人の死の報道はメンタルにかなり影響を与えた
  • 受験で下半期はずっとしんどかった。今だってしんどいしんどい。信頼できる友達も自分で突き放しちゃって病んだ。疲れた。
  • うん。なんかね。
  • 主に人間関係で精神的に辛かった。
  • 自分が病気であまり動けないし、旦那がいらしたり、攻撃的な口調で話してくるのがツライ。
    私がいる事によって旦那がツライのだろう。だから、居ない方がいいと思う。
    しかし、子供を連れて消えるわけにもいかず
  • デンタルとメンタル  ODをして虫歯が悪化→歯医者に苦手な電話予約→予約のやり取りでパニック→当日、外に出るのが怖い→頓服薬をODして遅刻→受付で遅刻を注意される。→自分は駄目人間だ(泣)……  
  • 昔からメンタルの調子には波があるが、今年9月以降更に悪化したように思う。
    嫌なこと、悲しいことが続いたので。
  • 人間関係が激変した上に悪化したためか、気がついたら身体の健康に異変があった。
  • 人と喋れなかったときに落ち込みます。ほれ、会とかあるじゃないですか。勉強会とか懇親会とか。雑談したり意見を述べたり。ああいうのぼく無理なんです。喋れなかったなって思って、死にたくなるんです、その都度。
  • コロナで自宅待機やリモートワークの時は仕事のストレスがなくとても安定して不調はなかった。
  • コロナ禍が終わった方が人に気を遣う場面が増えて、心がしんどい。
  • 天気、気温、湿度などで体調不良。
    もともとメンタル弱く、だんだん生きづらい。つい悪い方に考える。たまに人に不信感あり、しんどい
  • 休職して、以前からのストレスが一気に体に出てしまった。心の影響で体に症状が出るのをまざまざと感じた。仕事を辞めるか悩んでいる。真っ暗だ。
  • 辛い、寂しい、消えてしまいたい
  • 就活に左右されて、メンタルの浮き沈みが激しかった。
  • 心と体が整ったかと思えばコロナにかかるなど七転八倒でした
  • なんか、もう疲れました。
    無理です。すごく無理。
    頭悪すぎるし死にたくて死にたくて死にたくて生きたくて嫌いで死にたい。ほんとに無理。もう無理やだ。
  • 6月に帯状疱疹、10月卵巣に腫瘍が見つかり、12月母親が脳梗塞で入院。
    通院や入院に対応するため早退や有給を取った為、仕事の遅れが発生。
    挽回するために残業、休出でストレス。
    不安しかない。
  • 2021年は泣いてるか寝ている事が多かった。
  • 肩こりや全身の痛みに悩まされました。人と関わらなければならない整体にいくのもきついし、ほおっておくと、たてないくらいだるいし、板挟みでとてもきつかった。学校というストレスがなくなったので心は少し楽。
  • ワクチンを接種してから打った方の腕の調子がずっと悪い。政府は接種率向上に躍起で納得できる対応が全然ない。2回以上させたら大丈夫、ではない。オミクロンもすぐ増える。
  • 子ども時代の事で悩んだりフラッシュバックが起こる時があった。話した事を相手に否定されるとひどく腹が立ったり相手の話が自分よりマシじゃないかと思うと攻撃的になった。12月からパニック発作が頻発してる。
  • 社会がコロナとかで不安定の時は自分の不安定さはあまり全面に出てこなくて表面上は安定する気がします
    社会が少し平和になったり、自分自身の仕事や仕事の仕方が安定したりすると、気持ちは不安定になりやすいです
  • 情緒不安定だった。嫌なことがあるといてもたってもおれず、オンラインカウンセリングなどにすぐお金をつぎ込んでしまっていた。衝動に振り回された。
  • とにかく辛い、もう死んでもいいかなと思う事が波のように押し寄せてくる状態です。
  • 常に自傷行為との戦いでした。辞めたいけど辞めれないという悪循環のループの中にいました。
  • ずっと死にたさが消えなかった。早く死ねばいいのにと仕事終わりに毎日つぶやいていた
  • 慢性疲労なので不調じゃない日は極度に少ないと思う。自分が自害していないのが不思議なくらい。ほんとよく生きてるなぁという感じです。
  • 波があって疲れたけど以前と比べると全体的には良かった
  • 2021年はほとんどがしんどくて、辛い時期でした。前職では人間関係が誰かの嘘が原因で悪くなり、12月には母が亡くなり。
    生きていくのが本当に毎日辛くて仕方ないです。何のために生きているのか分からない。
  • 家と職場の往復のみで、決まった人としか話さないことに慣れてしまい、新たな人間関係を構築するのに不安を覚える。先が見えない中、ただ年をとっていくなら、この先の人生が無意味なものに感じる。
  • 調子が良い時は何も気にならないけど、それは少しの間だけでした。辛いものは辛いです。
  • 後半が酷かった
  • 少し悪かった
  • 自分では認識していなかったが周囲から不調だから休めと言われて受け入れられずとても苦しい思いをした。
  • 自分の将来のことなんて想像できません。今を生きるのに精一杯なのに。恵まれてないわけじゃないのに、頑張れない自分が嫌い。消えたい。
  • 周りの人達の幸せそうな様子を見て、自分の過去を振り返ってしまいます。こうすれば良かった、ああすれば良かったと後悔。とりもどせない時間を悔んでしまいます。
  • 先に希望がない
  • 孤独感を感じることが多く、衝動的な希死念慮が自分でも怖かった
  • ずっと好きでやっていたパン作りが突然できなくなってしまいました、パートナーとの記念日や旅行の時は割かし良かったけど、調子の良し悪しは月ごとで変わるよりも、私は1日の中でカナリ波がありました。
  • 不登校になったのが2021年からだったので、
    感情や体調の波が激しかったです。
    どちらかというと、体調が良い日より
    悪い日のほうが多かったと思います。
    来年はいい年になればいいと思うけど・・・無理かw”
  • 先々絶望しかない…もうやり残したこともない…老化が耐えられない…痛みに耐えられない…
  • 就活がうまくできなかった。
    何事にも一生懸命になれない
  • グループホームに急入居すふことになり、劣悪な環境で、ご飯は食べ物だとは思えないレトルト食品を温めたものだけ。しかも、ご飯を温めに来る朝と昼と夜しかスタッフは来ない。他にもたくさん嘘がありストレスだった
  • 学校のクラスが苦痛になり、別室登校を決めたのが5月のことでした。しばらくうつ状態のようなものが続き、年末ごろにようやく割り切れるようになりました。
  • 2020年に延期になった友人たちの結婚式がいっきに押し寄せ、自分のキャパ以上に人と関わってしまったため不調の月が続いた
  • とにかく感情の波が激しかった。1年通してだいたい憂鬱だったが、元気な月もあった。特に目立ったのは1日の中での感情の波の激しさ。泣いては冷静になり、不安になってはハイテンション。
  • しんどい
  • 思い当たる原因がないのに9月頃突然胃の調子が悪くなって今も継続している。病院に行って検査を一通り受けたが機能性胃腸症という病気ではない病気(?)という。治る見込みがないまま毎日調子が悪くてつらい。
  • 生きていることそれ自体が苦痛で、不調の原因の最たるもの。早く終わりにしたい。
  • 感情が上がったり、下がったりで自分ではどうする事もできませんでした。
    小さな子供が居るので、教育上良くないとは思っていても、コントロールがききません。
  • 生理が5か月くらい止まった
  • 受験期に、失敗することへの不安ができた。そして受験を終えた今でも、それが自分の心の深くにある。
  • 現実から逃避している時、自分のダメさに気がついていない時は調子が良かったが、そんな自分に気がついてからはずっと調子が悪いです
  • ここ何年か風邪はひいてないし、大変な病気にかかったりしてないし、大きな怪我もしてない。体も心も良くなってなければ、悪くなってもいないと思います。たぶん。
  • 親族の不幸があり、そこで色々考えさせられ、そこから人の死が重なって、精神的にきた。家のリフォームがあり、業者の出入りが頻繁で普段使わない気疲れで体調を崩した。受診したら、自律神経失調症だった。
  • あまり不調の原因が分からないのですが、親の言動に振り回されていることがほとんどだと思います。親からひどい言葉を言われて落ち込み、その落ち込みが情緒を不安定にさせているのだと思います。毎回疲れます。
  • ニュースが、辛い。あと外出時無意識に
    気疲れしてしまう。
  • 更年期によるものか メンタルによるものかがわからない不調に悩んでいます。
  • 喉の違和感、詰まり、痛み、胸焼け、胃の痛みが調子が悪いと出ます。
    胃カメラをしましたが異常なしと言われました。おそらく精神状態が悪いと出るようです。
    薬で症状を抑えている感じです。
  • 適応障害
  • 今年は入院2回だけだったから元気だった。
    大きな声で泣かないようにパニックになろうと思ってちょっとだけで来たからもっと出来るようになりたい
  • 10月に風邪を引いて治りきらず年が明けてからもずっと調子が悪い。SNS上の人間関係に心が疲れてしまって満身創痍。ここまで生きるのが辛いと感じるのは久しぶりだった。
  • 消えたい。眠れない。起きれない。気力がない。怒りが抑えられない。焦る。人に会いたくない。しゃべりたくない。孤独。さみしい。疲れる。だるい。頭の回転が遅い。理解できない。イレギュラーに対応できない。
  • ふとした時に自分が無価値過ぎて消えたくなるし、家族の邪魔になっていると感じると生まれてきたくなかったと感じる。動けなくなるしすべての感覚が消える。
  • 不安やストレスによる心の不調が体調に現れやすくなったと思う。好きな芸能人(推し)のお陰で乗り越えることができたと思う。
  • 次男が自死したのが3月。それ以来、自分を責め、泣き、感情の起伏が激しくなり、絶望感や強迫感が強く、精神科通院中です。薬のせいか起きれず、頭痛、倦怠感が酷いです
  • 学校で「男っぽーい」ってからかわれて学校を何回か休みました。
    休むと気が楽ですが、次の日「なんで休んだの?」と聞かれるので少し辛いです。
    リストカットが親にばれて色々言われたのもショックでした。
  • 愛されたい変われない愛されない死にたい
  • 調子は悪かったが、コロナ禍のおかげで助かったこともあった。今はコロナ禍が終わるのが不安で調子が悪い。
  • 中学受験で友達が受かった学校に受からず、受ける予定もなかった中学を滑り込みで合格し、そこに通う事になりました。小学校卒業ギリギリまで落ち込んでいました。入ったあとは知らない子達に裏切られて不登校です。
  • 現在休薬中で頓服のみのため早く薬を再開したい。生きていて苦しくなる、虚しさしか感じない。
  • 一日の中で瞬間的に楽しいと思えた日はあっても、一日幸せ、という日はほとんどなかった。
  • 1日友達とテーマパークに行くとか楽しみなことがある時は絶望感とか全く無くなるけど終わった瞬間に絶望感とか復活する
  • コロナウイルスの感染状況のニュースや人間関係で気が滅入ることが多く、ここ数年で一番調子が悪かった
  • 生きてる価値を感じませんでした。今もですが。
  • 前年に、ある理由から少しでも早く仕事を見つけたいと焦り、仕事は採用になったけれど雇用者との人間関係で精神的にきつくなり辞めて、働く前よりも仕事に対する不安感等で気力を無くししんどくなりました。
  • もう何年も心療内科に通院していますが、症状が改善されません。普通の状態がどんな感じだったかも思い出せません。季節の移り変わり、景色、何も感じられません。
  • イライラしたかと思ったら、すごく落ち込んで、涙が出て止まらない。
    自分の存在価値を毎日考える。
    死にたいけど、迷惑かけたくない。
    煙のように消えたい。
  • 学校など、いろいろな事を考えて気持ちが悪くなったり、寂しくなったりしました。
  • 8月~10月が親子で絶不調だった。従兄弟家族がコロナ感染。退院まで数週間かかったため、ワクチン接種迄、息子は学校への登校を見合せオンライン授業を受けた。同級生からサボりと言われ傷つき、疎外感を感じた。
  • 何年も前から職場でのいじめと孤立。
    人の顔と様子をうかがいながらの毎日。
    会社で唯一信用してた人にも実は裏切られててもう誰も信じられない日々。
    ハローワークを検索してはがっかりする毎日。
  • 混乱
  • コロナウイルスによって社会全体の動きが停滞したのは、「自分は何もしていない」という劣等感を弱めてくれた一方で、経済と家庭環境への不安を増幅したと思う。
  • コロナ禍といえど、周りの人のあたたかさや厳しさに体調が左右されやすかった。
  • 所属グループが変わり、環境も良い方向に変わるのかと期待していたものの、結果的に追い込むだけで自分に限界が来てどうしたいのかも分からない状態だった。抑うつ状態と診断され、休職・退職することになった。
  • 頭の中では頑張ろうとしているのに体がついていかない
  • 既卒で就活していたこともあり、就活が原因と思われる不調が多かったと感じています。
    また、家族といる時間を減らす(皆がいない部屋に移動する)ことで、調子が良くなることが多かったです。
  • 親が自分のことを制御しようとするような言動をした時に、心がとても痛かったし傷ついた
  • 希死念慮が強かったような気がする。
  • 押しつぶされそう
  • 自殺しようとしたり、自分を追い詰めすぎた
  • あまり調子のいい時はなかった。普通の時と悪い時とが交互に来ていた。たいてい周りとの関係が悪くなると調子が狂う。最初は心だけがつらかったが、去年はしんどい時期が続き、今は心だけでなく体も疲れている。
  • 12月に部署移動したが、職場に馴染めず、人にも相談が出来なくて、1ヶ月ずっと苦しかった。仕事に行くのが怖くて行けなくなってしまった。
  • 旦那が3人の女と不倫して離婚した。それで精神的に不安定。
  • 朝起きるのがつらい。息をするだけで涙が出る。やらなきゃいけないことがあるのに、やる気が起きず、集中力がすぐ切れ、仕事が進まず、自己嫌悪に陥る。夜寝付けず、毎日お酒に逃げ、また自己嫌悪に陥る。
  • 元々のパニック障害と更年期障害の症状が酷くなり、ホットフラッシュだけでなく、朝起きるのが辛く昼間も何もやる気がおきません。モラハラ夫が退職して在宅している事が大きな要因だと思います。今も継続中です。
  • 家族で自死をした人がいて、悲しみや苦しみがある。それは当たり前なのだが、天候や季節でその大きさがずいぶん変わる事を感じる。
  • 振り返ってみると、随分波があるなと思った。元気な時は一人で弾丸旅行にも行けたし、就活も前向きに考えられたけど、駄目な時は起き上がれなかったし、自傷もしたし、フラッシュバックも頻繁に起きた。
  • 生理、低気圧で不調になることが多く心まで引っ張られて落ちることが多い。
  • 22歳から抑うつ神経症または、うつ病と診断され自分なりに死なない様に努力してきたつもりでしたが、58歳の今、家族に迷惑かけてきた事や病状について周りから理解されないまま生きていきたくない日が多い。
  • 思い出したくなかった幼い頃の出来事を突然思い出してしまい、もともと2021年は精神的な調子が良くなかったのに、それを切っ掛けに更に悪化した
  • 死にたくなったり、自分の手を爪で痛め付けたりした。
  • 希死念慮と小学校入学前から共存。服薬その他様々な方法で、表に出る感情のコントロールは上手くなりました。でも表向きの機嫌と心の核が乖離すればするほど身体が心の代わりに悲鳴をあげて全身が痛みに襲われます。
  • 全体的にだるくて気力が出なかった
    一昨年よりはマシだったかな?
  • 長期間の外出自粛や在宅ワークで周りとの接触が減り、段々と周りとコミュニケーションを取ろうとする等のやる気が失せて、気分の波も増えて常態化している。有名人が亡くなったというニュースには毎回気分が沈む。
  • 何が食べたいとか分からなくてご飯が決められないし頑張って作ったとしても嘔気や食べ物を飲み込めなくて、ダイエットしてた訳じゃないのに短期間で9キロ痩せた
  • 去年は環境が変わりそれに適応するために頑張っていたけれど体には負担だったんだと思う。ごめんな、ぼくの体。精神科行ったほうがいいんだろうけど行けないから堪えるしかないこの苦しみw
  • 親にしてほしくないことをしてしまって…でもそれは自分にとってゆういつ楽な道だったのにやめてくれてと否定されて逃げ場を失ってしまった…
  • 人が怖くなり、安心して外に出ることが出来なくなりました。20年近くほとんど家に引きこもっています。最適な病院もみつからず、どこにも相談出来ません。常に心労がつのっているので体調に響いています。
  • この一年で2回自殺失敗。まさか年を越すとは思いませんでした。

みなさん、回答のご協力をいただき、ありがとうございました!

読んでみて気づいたことや、感じたこと、考えたことはあったでしょうか。感想もサイトで共有させてもらいたいと考えていますので、よければ感想フォームでコメントを寄せてください。

第17弾 2021年の体や心の不調について 感想フォーム

また、この内容を教育現場や福祉現場などの研修でご利用になりたいという場合は、ネットの居場所ポータルサイト「死にトリ」までお問い合わせください。