経験談

生きづらさを感じる人が語る 経験談

経験談はそれぞれの投稿者の個人的な価値観や感じ方をそのまま掲載しています。一部、リアリティのある描写や強い価値観が含まれるため、読む人にとっては負担等を感じる場合もあります。各自の判断で閲覧してもらえるようにお願いします。

子供

中学二年生女子

どうしようもなく死にたくなった
理由は分からなくて
ただ感情がコントロールできなくて苦しくて
どうしたらいいか分からない
朝起きて学校に行くことが苦痛だと感じるようになった
別に学校が嫌いなわけでもいじめられているわけでもないし
DVを受けているわけでも家が貧乏なわけでもなくって
普通に幸せな環境だと思う
友達だっているし勉強だってできないわけではない
それなのになぜか死にたい
どうせ死ぬ勇気もないから明日も学校に行くのだろう
ずっと胸がよくわかんない感じ
締め付けられるっていうのかな?
ぎゅーって苦しい
みんな優しいのに自分だけ被害者づらして馬鹿みたい
自分が自分で嫌になる
自分と同じような子がいたらちょっと嬉しい

感想1

漠然としていて抽象的なのに、頭の中・心の中には「確かに存在している」死にたい気持ちが自分の学生時代にもあったなぁと私自身のことも振り返りながら読ませて頂きました。

環境や状況は整っているのに?、むしろ整っているからこそ「普通であらねばならない」や「学生なら学校に通えて当たり前」と思わされるような風潮や圧力がしんどさとなって投稿者さんを辛くさせているのかなと想像していました。

明確な原因となりうるものがなくても、苦しい気持ちや考えを発露出来る環境や機会が少ないことは社会の課題の一つのように私には思えますし、自分で抱え込まざるをえないことが投稿者さんをより追いつめるような状況になってしまっているのかなとも感じました。

また、「明確な何か」はないのかもしれませんが、もしかしたら投稿者さんの中では無意識に辛い・しんどいと感じる何かがあってその気持ちに蓋をしていることもあるのかもと私は想像しました。(違っていたらすみません…。)

理由はわからないけれど「死にたい」、「学校に行きたくない」という気持ちが確かにあるなら「学校に行かない」選択をとることも何ら問題はないと私自身は思っています。

その中で投稿者さんと同じように理由や原因は見えづらいし、わからないかもしれないけど同じような気持ちを抱えている人と繋がれる機会があってほしいなと私は思っています。

投稿ありがとうございました。

感想2

投稿ありがとうございます。投稿者さんが率直に感じたことを書いてくれているのかなと読みながら感じていました。死にたいと思う明確な理由も浮かばなかったら困惑しますし、相談もしづらいですよね。

投稿者さんの死にたい理由を解明できないかうんうん考えていたのですが、なかなか浮かばず……。死にたい理由よりも、生きたくない理由の方が自分は想像しやすいかも、なんて思ったりしました。投稿者さんは中学生とのことですが、学校に行くことへの生きがいを見つけるのって結構難しいんじゃないかと私は思っています。でも結局学校には通わないといけないから、学校を積極的に楽しめる人が生きやすい状況が作られているのかな?と想像しました。そう考えると、投稿者さんがもっとわくわくできる場所、学校以外に選択肢がもっとあったら楽しいのかもしれません。私自身は環境の良し悪しに関係なく学校を楽しめなかったタイプだったので投稿者さんの死にたい気持ちには勝手に共感していましたが、学校が楽しくても楽しくなくても、死にたくてもそうでなくても、投稿者さんの感じ方は投稿者さんのものですから、その感覚を一番に尊重してほしいなと思っています。

投稿者さんの気持ちを読むことができて嬉しかったです。よろしければまたお待ちしています。

感想3

投稿ありがとうございます。
あなたが苦しんでいることがよく伝わってくる文章でした。
まずはあなたの苦痛を受け止めたいと思ったのと、その状況でここに書きに来てくれたことに敬意を表したいです。
あなたの苦痛は「わからない」中でも「学校」がポイントになっているように読めたのですが、学校というのはみんなと同じ・みんなと一緒がよしとされる空間のため、それだけで苦しくなることがあると私は思っています。もしかしたら、あなたが気づいていないだけでなんらかの傷つき経験があって学校が苦痛ということもあるかもしれませんが(勝手な想像をすみません)そうであろうとなかろうと、あなたの感覚は大切だと私は思いますし、あなたはおかしくないと思いました。そもそも学校に行く=正しいではないのに、そう思わせる社会に問題があると思い、ひとりの大人として反省したくなっています(変えていきたいです)。
文章の最後に「自分と同じような子がいたらちょっと嬉しい」とありました。死にトリにはあなたと同じような感覚を抱いている人がいると私は思いますし、見えにくくされているだけで世の中にはそうした人が多くいると私は考えています。あなたがそうした世界とつながったり、必要に合わせて死にトリを活用してもらえたりしたらいいなと思います。よかったらまた書きにきてください。

一覧へ戻る