経験談

生きづらさを感じる人が語る 経験談

経験談はそれぞれの投稿者の個人的な価値観や感じ方をそのまま掲載しています。一部、リアリティのある描写や強い価値観が含まれるため、読む人にとっては負担等を感じる場合もあります。各自の判断で閲覧してもらえるようにお願いします。

独身

独身であることについて家族や会社の人から可哀想に思われます。安定した会社に永く勤めています。昔から結婚願望はあるのですが、婚活などをしてもなかなかうまくいきません。役職を昇進しても、親族を含めいつまでも結婚できないことでマウントをとられます。結局、仕事を努力しても独身であることを批判されるのですから、気分は落ち込みます。結婚してもいろんな問題があり、病気になる人や離婚される方はたくさんいるのに、なぜ、独身であることを批判されなければならない社会なのか、全く理解できません。結婚して病気になったら誰が責任をとるのでしょうか。
批判を気にしないフリも疲れます。自分自身、妊娠できなくなる日が近づいてる日も理解してます。努力してもどうにもならないことはあるのに、批判されるのは辛いです。

感想1

独身でいることも、パートナーといることもその人が「自分で選んで決めること」なのに、何故こうも世の中は目の前の人を見たときに「結婚しているのかしていないのか」という指標を横に起きたがるのか、そもそも何故そこで評価されなければいけないのかということを投稿者さんの文章を読ませて頂いて(私自身が独身であることも踏まえて)思いました。

仮にその人を何か評価する場面があったとして、それが仕事であるなら仕事の能力や成果で見られるべきだと私自身は思っています。投稿者さんが努力や研鑽を積んで獲得した仕事の能力や役職につけた事実に対して、「結婚」という要素を通して評価されることは甚だ疑問に思えますし、ましてや批判などをされる謂れは全くないように私には思えてなりません。

「自立した一人の人間として」誰かから自分を見られる時に今の社会はやたらと「結婚」という要素を持ちあわせているのかということを神聖視している空気のようなものを私は感じています。本来誰しもが、自分が望んでいるかや経済的な見通しが経っているかや縁やタイミングなどがあって「それぞれに結婚を選択している」はずなのに、他人に対してはその「それぞれ」に対しての配慮や慮ることがないのが私は不思議で仕方がありません。

「その人にはその人の人生があって、それは誰にも否定も肯定もされるべきではない」と私は思います。ですが、「婚活をしても中々上手くいかない、努力してもどうにもならないことがある」と投稿者さんが感じている中でも望んでいるものが確かにあるのならば、投稿者さんが願う形で実現されてほしいと私は願っています。
投稿ありがとうございました。

感想2

投稿を読みながら「分かる」と同感する気持ちになりました。
自分は男なので女性の価値観、周りから向けられる目とは少し違うかもしれません。
結婚=「幸せ、勝ち組」など世間からは聞かれる。
独身=「孤独、何か問題がある」とマウントをとられがち。
結婚したら幸せ、独身だったら不幸みたいな価値観が多いように自分は感じてます。
女性は結婚して母になり子育てする事が喜び、男性は結婚しなくても昇進し地位を築ければ良し、みたいな古い価値観が根強く社会にあると思ってます。(本当に情けなくなりますが)
男女、年代の価値観の違いだけでは埋まらない根深い社会問題であると思います。
特に女性が独身でいることに眼が向けられることが多く感じられます。
こんな世知辛い世の中を生きていくのは大変だと思っていますが、誰もが少しでも自分らしく生きられるようになるといいなと思います。
投稿ありがとうございました。

一覧へ戻る