経験談

生きづらさを感じる人が語る 経験談

経験談はそれぞれの投稿者の個人的な価値観や感じ方をそのまま掲載しています。一部、リアリティのある描写や強い価値観が含まれるため、読む人にとっては負担等を感じる場合もあります。各自の判断で閲覧してもらえるようにお願いします。

私の居場所が無い

私は40歳前で3つ下の弟が居ます。
私は独身で実家暮らしですが、弟は3年程前に結婚していて2歳の子が居ます。
自営業だった父は5年前に他界し、弟が突然の社長になり、親戚と母と3人で仕事をしている。
社長になる弟の事は全然構わないし頑張って欲しいのですが、毎日実家に来て元々の自室そのままにしていたので、そこで動画を見ながら朝6時過ぎから1時間実家で出してもらったご飯を食べて母と仕事に出ます。
昼は母が作ったお弁当を食べ、夕方実家に戻り、実家で風呂に入って21時半くらいまで実家でゲームや動画を見ています。
その後30分かけて自宅に戻る弟。
光熱費や食事代や風呂などに使う生活用品一切お金を渡してくれたこともないし、私とすれ違う度に「死ね」「存在意義が無い」など暴言を吐かれます。
遅い時間に帰って…早く自宅に帰って欲しいしのに子育て協力もしていなさそうに感じます。
どうしたら帰ってくれるのか考えたり母に言っても伝えてくれずずっとストレス

仕事も消極的だと怒られたり溝があるなど指摘され、偏見だが子供が居ないから考え方が違うなど言われ、どこにも私の居場所が無いと数年前から思っています。
ストレス腰痛も出てずっと病院に通ってるが、仕事の人達はあまりに治らな過ぎて「ちゃんと聞いてきた?」「それでどうやったら治るの?」など詰め寄られる
その行為も私にはプレッシャーである。
仕事もなかなか覚えるのが苦手もあって覚えが悪いとも言われました。
仕事辞めたら生きていけないし
4ヶ月働いてみてこのままやって行けるか不安です。

友達も居ないし、相談相手も居ない
生きるのがしんどく夢も枯れてしまい何のために生きているのかわかりません。

誰かに必要とされたいと思うばかりです。

感想1

独特の寂しさや孤独感が伝わってくるなぁと思いながら読みました。あなたが描く弟さんはとてもマイペースで自分軸が強そうに見えました。それに対して、あなたは周囲に気遣いながら、極力自分を出さずに抑えて生きてきたのかもしれません。実際に弟さんはあなたに酷い暴言を言っているようなので、それだけでもずいぶんと苦しいと思いますし、理不尽なことだと思います。しかし、私は経験談を読んで、あなたが書いてくれた弟さんへの嫌悪や批判が単に弟さんだけに向けられたものではなく、これまでのあなたの人生で抱えてきた、あるいは抑えてきたいろいろな人への気持ちや理不尽さ、そして自分自身を理解し、受け止めてもらえなかったことなどに対するどうしようもない気持ちも投影されているような気がしています(違っていたらすみません)。
家族の中でもひょっとしたら違和感があったのかもしれないとか、亡くなったお父さんが理解者だったのかな?など書いてはいませんが、いろいろ想像をしています(全くの私の想像なので、的外れなこともあるかと思いますが…)。そして、仕事の場が居場所になるということは今の時代ではとても難しそうだと思っています。効率が優先されたり、人手不足などもあり、余裕のない中で仕事をしているところが多いので、他者を認め合ったり、支え合うような場になることは簡単ではないと思うからです。
そういう意味では、タイトル「私の居場所が無い」がリアルに伝わってきました。これまでの人生で少しは自分の居場所と思えた経験やこんな居場所があるといいなぁと思ったことはありませんか?誰にとっても居場所となれるような万能なところや絶対的な正解はないと思います。あなたの中にある居場所についてもう少し教えてもらいたいと思っています。
死にトリが役に立ちそうなら、いつでもまた来てください。

感想2

家でも職場でもストレスが常にかかる状態であることが伝わってきて、心休まる時間などないのだろうなと想像しながら読ませてもらいました。お母さんが弟さんの生活スタイルを特に違和感なく受け入れている様子を想像すると、何となくですが幼少期の頃から弟さんよりも投稿者さんが我慢する(そうせざるを得ない)ことが多かったのではないかなと感じました。全ての人に当てはまるわけではないですが、母親はどうしても息子には甘いものなのだろうなと私も兄がいるので経験して感じることです。今すぐになんてことは難しいとは思うのですが、うまく家族(お母さんや弟さん)と距離を置いて暮らしていくことが投稿者さんにとってはプラスに働くかもしれないなと私は思いました。仕事に関してもまだ4ヶ月とのことで、続けてみないと分からない部分も大きいのかなと感じますが、日々感じているストレスを何かしらの形で発散することは難しいでしょうかね・・・。自分のために何か行動を起こす気力も奪われてしまっているのかもしれませんが、例えば興味があったけどなかなか手をつけられなかったものとか好きなものがあればそれに少し目を向けてみるとかはどうでしょう。
一人で何とかするというのも限界があると感じますし、こうして抱えているしんどさや思っていることを死にトリに送ってくれたように、他にも匿名で相談することができるSNS相談もあったりするのでそういったものを活用してみるのもありなのではないかなと感じました。投稿者さんにとって、どういうものが居場所だと感じられるのか、こんな居場所だったらいいななどもしあれば聞いてみたいなと思いました。死にトリが少しでも役に立ちそうでしたら、いつでもまた参加してくださいね。経験談の投稿ありがとうございました。

一覧へ戻る