「慎重に審査した結果、不採用と決定いたしました」

群馬県/30代/女


私は5年ほど、嘱託職員として働いてきました。福祉系の職場で国家資格もありながら、正社員を目指して日々過ごしてきました。事実、その会社には長年嘱託して働いてきた方が正社員になる習慣があったため、自分もいつかは…と期待していました。

しかし、入社後2年目にして産休育休を取り職場復帰したところ社内の様子が変わっていました。
今までなかった上司の役職が増えており、その方の方針で、正社員と嘱託との差をつけるように言われました。
会議への出席や社内の情報共有範囲、机の大小まで変えるように言われ、今まで別け隔てなく仕事をしてきた雰囲気から、ビシッと線引きをさせられました。

職員数が少ない職場のため、今までは嘱託頼りで仕事を回していましたし、その分人材を大切にしていると感じていました。
新規職員採用も若手重視で逆らわない雰囲気がある方が採用されるようになりました。 私は35歳を過ぎているので採用範囲には入らず、試験すら受けられない状況でした。

更に事務局長に強権的な方が来た事で、さらに締め上げが強くなり、長年働いていた嘱託は2年間で知っているだけでも7人辞め、職員2人の退職と職員2人の病休、嘱託1人の病休と言う状況になりました。
職員もギリギリの方たちも増えていました。
私の仕事量もみるみる増えていきました。

しかし、私はいつかは正社員になるとの目標で、残業や任された業務量に疑問を持ちながらも頑張っていました。
そして、5年目にしてやっと職員採用試験の年齢が引き上げられ受ける事が出来ました。

そして、先日試験があり受験。審査内容は書類選考と面接。周囲の方々は頑張ってるし絶対大丈夫、と言ってくれていましたが、結果は不採用…
ショックで死にたくなりました。
私の受かるだろうという甘えもあったのかもしれませんが、今までの頑張りを認めてもらえなかったと言う思いと、仕事内容が好きで今まで頑張ってきたのですが、向いていないのか…という挫折感。

月曜日からのモチベーションをどう持っていったらいいのかわかりません。周りの方も私が受けた事は知っているので、聞かれると思います。 転職を考えたいですが今の仕事内容が好きなので心の中が空っぽです。 子どもも3人いてこれからどうしたら…と。

こんな私のメールを読んでくれてありがとうございました。 今も涙が出てきてしまいますが、このサイトに救われた気がします。

感想1

経験談読ませて頂きました。

好きな仕事で働きやすいと感じていた職場から、産休明けに戻ってみたら方針や姿勢ががらっと変わっていたら、それだけでもショックだし戸惑ったことと思います。

会社が明確に正社員と嘱託職員に線を引いた意図はわかりませんが、他の職員さんが辞めたり病休していき、業務量が増える中で頑張り続けることは、相当疲弊もするだろうと想像しました。採用試験で努力が報われると思ったら不採用…、心が折れそうになったのではないでしょうか。

一方で、経験談に書かれている会社像は、上司の使いやすい(逆らわない)人を職員とし、そこで働く人の退職や病休も増えていて、働きにくい職場という印象を受けます。

もし、その会社が人を大切にしない(営利色や管理色が強いとか?)姿勢なら、採用されないのは、あなたが、自分の好きな仕事に大切にしている軸をもっていて、場合によっては上司に意見も言える、まっとうな人だからなのかもしれないなと思いました。

なので、私は、あなたが考えている「向いていないのか」は、少なくとも今の会社の評価ではわからないと思いました。

感想2

涙が出てしまうほどにつらい経験をお話しいただいてありがとうございます。

今まで嘱託職員を含め人材を大切にしていると思っていた職場環境は変化し、また、やっと資格を得られて受験した結果が不採用であった、というのはとても耐えがたい経験に思います。

また、「今までの頑張りを認めてもらえなかったと言う思い」という表現を使われていました。そこに、これまで正社員になるために努力を重ね、時には我慢もされてきたのに、それが形にならないやりきれなさが感じ取れました。そのような状況にあってはまさに会社に裏切られたように感じてしまうのではないかと感じました。

ですが、今回のお話の中で「周囲の方々は頑張ってるし絶対大丈夫、と言ってくれていました」とありました。ここから、周囲の方々は投稿者様の仕事ぶりを認めてくれているのだと読み取りました。日々の仕事を懸命に頑張られているから周りから認められている、そしてそう思われることは簡単なことではないと思います。周囲からの信頼もあり仕事内容が好き、というお話もありましたので、今回の会社による判断で「向いていない」と考えなくてもよいのではないか、と思いました。

感想3

経験談をありがとうございます。今の社会の問題(特に労働環境の問題)がよく見えてくる経験談だなと思いました。正社員と嘱託のあいだに格差を作り、逆らわない新人を採用するという方針から、会社の上層部は自分の都合や利益を最優先し、第一線の職員を心身ともに搾取しているような印象を受けました。あなたはたくさんの仕事を押し付けられることに疑問を持ちながら耐えてこられたようですが、理不尽な待遇には「おかしい」という権利があると思います。職場を去った人たちは、「この会社のやり方には納得できない」と行動で示したと言えるかもしれないと、私は思いました。

それと、私が少し疑問を持ったのは、職員採用試験が書類選考と面接だけだったという点です。どのような試験内容だったのか分かりませんが、あなたの普段の業務実績は考慮されなかったのでしょうか?そうだとしたら、実務経験や身に付けたスキルよりも、新人と同様に「逆らわない雰囲気かどうか」という基準で採否を決められている可能性が高いと思います。もし今の会社に正社員として採用されていたとしても、疑問を持ち続けながら働かなければいけないのではないかと推測します。

もっと現場の仕事を尊重し、支え合ったり高め合うことのできる職場で活躍してほしいと、私は思いました。そういった職場なら、気持ちも安定して、さらにスキルを高めながら楽しく働けるのではないかと思います。ただ、今の社会ではなかなか働く人を尊重する職場を見つけづらいのも事実だろうと思います。もし可能なら、先に転職していった元同僚などに相談して、転職先探しを手伝ってもらうのも一つの方法かとは思います。

また、子どもが3人いるということもあり、生活が厳しくなる場合は、利用できる社会の制度もあると思います。

どうしたら自分を高めながら楽しく働ける環境づくりができるのか一緒に考えていけたらと思います。

~返信~

自分が送った文章を読み返してみると変な言い回しが幾つかありましたね。
思い返してみると、あの時このサイトに出会えて、自分の思いを送ることができて、堪えていた涙が溢れ出て…少し楽になった気がしました。今回もご返信が来るとは思っていなかったので、大変嬉しかったです。

あれから1か月が経ちましたが(違う部署ですが)、2人お辞めになりました。ご家庭の事情という事ですが、どこまで事実かは不明です。危機感がない上層部に、現場の私達は危機感しかありません。
ただ私も、あれから良く考え、転職のための勉強を始めました。このままいても酔生夢死です。今の職場は行政からの補助金で運営しているようなところがありますので、行政側に行ってやろうと、公務員試験の専門職枠を狙いに日々勉強中です。退職の際にギャフンと言わせてやる!の気持ちで今は立ち直りました。
また、今は自分に付いていた仕事を一つ減らしてもらうことができ、仕事との距離感も持てるようになりました。

本当にあの時、このサイトに出会わなければ立ち直るのに時間がかかっていたかと思います。今回のご返信でも向いていないと判断するのはまだ早いと背中を支えていただいたので、また前を向いて行こうと思いました。

人は他人に認められるから頑張れるし、生きていると実感が湧くのだなぁと思います。
人生なんて思い通りにいかない事が普通ですが、何かを手に入れれば他も欲しくなる。人間の性です。私の場合は正規職員でした。
また、上司で会社が変わるということも身を持って体験する事ができました。そしておかしいと感じた人達は辞めていく。当たり前の現象ですね。今回「不採用=自分否定」と受け止めてしまったということは、裏を返せば、それだけ一生懸命にやったからなんだと自分に言い聞かせています。
そして、ご返信内容を読み、今回の件も今の状況も少しおかしい事なんだと思いました。長年そういった環境にいると自分の考えが間違っているのか?組織とはこんなものなのか?と分からなくなり自分に言い聞かせてしまいます。怖い事です。

ただ今は今回の結果(怒りや悲しみ)を力に変えて、次の一歩が進めるよう日々精進しようと思います。目標を持つ事は大切ですね。