もっと楽しみたかったなぁ・・

小学生の頃のお話。
私は転校してからもずっと不登校でした。
ある学年の運動会でのこと。
ずっと学校に行きたくても行く勇気がなく理由もわからない恐怖に脅え続けていた日々。
その年はなぜか運動会に参加することになり学校へ行きました。
行事や授業に全く参加出来ていなかったので運動会のやり方とか順番が全然分からなくて、
自分はどうしたら良いのか不安でいっぱいで、
担任の先生に私はとうすれば良いのかと訊ねました。
先生は
あなたが練習に参加しないのがいけないのよ
と言いました。
先生には自分の学校へ行きたくても行けなかった気持ちを少しでも良いから雰囲気だけでも分かっていてほしかった。
あぁ全然味方をしてくれる先生ではなかったんだと
担任の先生だから無条件に期待して信頼していたんだと勝手に傷ついて、
運動会中はずっと暗い気持ちで、
逃げ出したいけど、逃げる勇気も無くて、
親も楽しみにして来るだろうし、お弁当持って来るだろうし、
逃げたい、
泣きたい、
泣いたら恥ずかしい、
逃げたら悪い子、
後から何を言われるのか、
田舎だから何かしたらみんなの噂になる、
注目されるのは嫌だ

クラスの場所の椅子に出番が来るまでずっと固まって座って居ました。

出番が来てもルールが分からないので、
周りを見ながらで、
顔も半笑いで、
後日その姿を同級生の親御さんが撮影してて写真にして渡してくれたらしいけど、
終始楽しめなかった運動会でした。

感想1
経験談の投稿ありがとうございます。小学校のころ学校にいけずに過ごしてた中での運動会というのを想像して、参加するだけでもとても勇気を使わなければならなかったんじゃないかなと想像しました。そんな中で、ルールも分からず不安な気持ちや、それを受け止めてもらえなかったことであなたが感じた気持ちはとても当たり前のように思いました。
この楽しみたくなかった運動会について、強烈に印象に残っているのでしょうか?それとも他にもあなたの思い出に残っていることは多いのでしょうか?もし、今回のように経験談に書くことであなたの気持ちや記憶の整理になるのであれば、また今回のように教えてほしいなと思いました。

感想2
小学生の頃の話とのことですが、今からどれくらい前のことなのだろうかと思って読んでいました。何年もたって、ずっと抱えてきた風景を思い出しながら、その時にあったことを整理するように書いたのか、それとも、何かの拍子に思い出して、そして書いてみたのか、どちらでしょうか?それとも、それほど年数は経っていないことを書いてくれたのでしょうか。
担任の先生がまずはあなたの不安な気持ちを受け止めてくれていたらと考えました。そして、あなたの言う通り、あなたの恐怖に怯えた気持ちや学校に行きたくても行けなかった気持ちについても、わかろうとしてくれていたらと思いました。
勇気をもって「どうしたら良いか」と尋ねたにもかかわらず、気持ちをわかってもらえずに、批判をされた小学生のあなたの気持ちを受け止めたいと思います。今さらかもしれませんが、遅ればせながらではありますが、今思い出しているあなたと一緒に小学生のあなたの味方になりたいと思います。
そして、その過去の経験を思い出している今のあなたはどんな生活をしているのか気になります。ひょっとしたら、小学生の時よりも、半笑いでやり過ごすことが多くなっていないか心配になっています。もし、今も不安や恐怖があるのなら、また死にトリに来てください。周囲に話せる人がいるのなら、何でもいいので、感じることや思ったことを話してみることをおすすめしたいです。