チャットルーム再開について


ネットの居場所ポータルサイトに訪問してくださり、ありがとうございます。

本サイトの大切な機能の一つであるチャットルームですが、利用マナーの課題により安全な利用が維持できないことから、12月12日より24時間の開放を見合わせてきました。その後、再開に向けて検討してきましたが、17日に居場所ルームにおいても本来の目的での利用が安全にできない状況が見られたことから、再開について以下の通り2段階で様子を見ながら進めていくこととなりました。

【ステップ1】 
週5回程度スタッフが企画する居場所ルームの開放と常設でひとりつぶやきルームを10ルーム程度提供。ユーザー同士の交流を24時間いつでもできるわけではないですが、つらい気持ちを吐き出す機会は提供します。つぶやきルームの書き込みは翌日にはスタッフが必ず目を通します。(現在、この状態になっています)

→居場所ルームの実施の様子や一人つぶやきルームでの発言が本チャットルームの目指す場となっている状況が安定して続いていると判断されたら、ステップ2に移行します。

【ステップ2】 
ステップ1のルームに加えて、フリールームをいくつか常設あるいはある程度の時間制限を設けて設置します。ルーム数や時間帯は日々のルーム利用のマナーの様子を見て調整します。

→すべてのルームの発言内容や様子を確認して、もっとも安定した様子が維持できる体制を試行錯誤したいと思います。同時に前回のようにマナーの課題が見られる場合にはステップ1に戻します。安全な使用が確認されれば、フリールームを安定的に常設します。

チャットルームがささやかでも気軽な安心できる居場所になるよう、また傷ついた人たちが支え合う貴重な支え合いの機会になるよう、ユーザーの皆さんの理解と協力をよろしくお願いします。

なお、「使い方」の「禁止事項」に以下の内容を追加しました。

④個人情報の書き込みや連絡先の交換
個人が直接連絡を取り合うために個人情報や連絡先(名前、住所、電話、LINE、TwitterなどのSNSのアカウントなど)の交換は犯罪防止等の観点から禁止します。個人的なつながりを持つことを目的として個人が開設するサイト等への誘導も禁止します。善意であっても、周囲に危険を感じさせるなど、疑心や不安などにつながり、ルーム内が安心できる居場所ではなくなる影響にも考慮しています。
なお、禁止事項に反しチャットルームにおいて連絡先を交換したことにより起こるトラブル等についての責任は一切とりかねますので、あらかじめご了承ください。

※当初は節度ある交流の範囲であれば、つながりづくりはユーザーさんたちの生活の質を上げることもあることから、一切を禁止しなくてもよいのではないかと考え、ある程度ユーザーさんの善意にお任せしていました。しかし、期待される効果よりもリスクや弊害の方が大きいと判断し、一切を禁止させてもらいます。