心地のよい居場所を求めて

 鹿児島県・20代・女性

私は14歳の頃からずっと生きづらかった。
高校受験の失敗、失恋、仕事での失敗、自分の気持ちと相反する仕事ばかりさせられ身体を壊したこと等、一見どこにでもある失敗体験すらしんどく、すぐ死にたくなった。自分は人と何か違う気がして仕方なかった。

何か嫌なことがあった時、かさぶたになっていない傷があるのに新しい傷ができ、癒し方も分からなかったから極力傷つかないように信用できる同年代の人としか関わらなかった。自分より年上の大人は信用できないし、困ったときに助けてもらう選択肢にすら入らなかった。しんどさを我慢するとこがベースだから、人がしんどいと思うこともある程度我慢できたし、適応しているふりが出来た。笑って元気そうに見せるのも得意だったし、恋愛では求められる自分を演じることもできた。

でもいつも埋まらない心の穴があった。そんな生きづらさを10年抱え続けている私だが、最近になり少し生きづらさの元となる原因が分かってきた。

私は家庭に居場所がなく、機能不全家族の中で育った。
物心ついた時から父は単身赴任で家におらず、祖父母と母、兄と生活していた。小さい頃はあまり生きづらさを感じず過ごしたが、14歳の時、母が不倫をしていることを知り傷つく。この母の裏切りは許せなかった。幼いながら私は、家族がバラバラになってしまうからこの事実は誰にも言ってはいけない、自分が我慢すればこの家庭はうまく回るはずと家庭でも学校でも何事もなかったように笑顔の仮面を被り続けた。祖父母から経済的援助を受けていたから、母はいつも「あなたは私や祖父母が居るから食べられているの。感謝しなさい。」と言われ続け、その代償に家事や祖父母の介護を手伝わされ、母親が望むいい子を演じなくてはならなかった。本当はそんなこともしたくなかったし、母親に言いたいことはたくさんあった。

その頃から「辛いのは今だけ。いつか笑って話せる日が来る。」と自己暗示して傷ついた出来事自体を自分の記憶から消し去ろうとした。ダイエットに夢中になり、いつの間にか食事に支配された生活を送ることもあったし、考えなくて済むようにいつも打ち込む何かを見つけ取り組んでいた。しかし、心が悲鳴をあげたときは、訳もなく涙が止まらなかった。気付いてほしくて、母に話しかけられても無言を貫くこともあったが、空気が悪くなって不愉快だからやめろと言われるだけだった。自分をコントロールしているつもりだったが、できていない自分に嫌気がさした。

傷つき体験から5年経ちはじめて彼氏ができた。それまでも家が嫌いで友人宅を泊まり歩いていたが、彼氏の家に泊まることも増え、自宅に帰らないことも増えた。母は娘がだんだん自分の思い通りにならないもどかしさがあったのか、私に不満をぶつけてきた。だから私も傷ついた気持ちと不満をぶつけたが、母からの返答は全て自己本位だった。私のことを何一つ考えていなかったし、自分の欲求のまま動いているだけだった。自分の気持ちや考えを伝えるが、母は分かろうともしなかったし、分かり合えなかった。

今まで勝手に自分が犠牲になり、家庭を守っていたつもりだったが、そんな馬鹿ばかしいことをやっていた自分に嫌気がさした。母親なら分かってくれるはずと心のどこかで期待し、希望を持っていたがそれが一気に崩れ落ちた瞬間だった。その出来事をきっかけに母が私にやっと気を遣うようになったが、その気遣いすら自己本位なことだらけで、お節介だった。

大学卒業と同時に実家を離れ、物理的にも精神的にも母の支配から離れることが出来ている。しかし、生活する中で生きづらさはずっと抱えている。
例えば、人前で弱音を吐くことはダメなことと無意識に思い込んで人を頼れないことや人を信用するまでに時間がかかるから試し行動をすること、他人から褒められても気持ちがソワソワして何か裏があるのではないかと素直に受け取れなかったりする。恋愛では自分を必要としてくれる人と付き合うから相手の望む自分に合わせすぎて疲れてしまう。他にも何か問題が起こった時、すぐに自分が悪いんだとネガティブになり、極端な答えや解決法しか思い浮かばないことや少し良いことがあるとその先に何か悪いことが起こるのではないかと、幸せを感じている自分に違和感すらも覚える。

全てが機能不全家族で育ったトラウマとは言えないが、関連することに気付いた。14歳の傷ついたときに一緒に考えてくれて「大丈夫だよ。何とかなるよ。」と言ってくれる大人の存在があったら、今までの死にたくなる気持ちは少し和らいだかもしれない。

私は人が生きていくうえで抱える困難や悩みをどうやったら乗り越えられるもしくは付き合いながら生きていけるか相談者とともに考える仕事をしている。その中で多様な人の価値観や生きづらさに触れ、自分の生きづらさにも気づかされた。この経験ゆえ共感できることもあるが、自分のトラウマに触れることがあると自分を守るために許容できないことがあったり、怒っていたりすることもある。親から受けた毒が解毒されていないから、無意識のうちに人を傷つけていたこともたくさんあった。

武器にも鎧にもなりうる取り扱い不明のトラウマに向き合いたいと思いこの経験談を書いた。ここで整理することで、トラウマを癒すとともにいずれは上手く使いこなせるようになりたいとも思っている。

最近になり少しずつ自分が心地よいと感じる居場所が分かってきた。笑顔の仮面を被らず自然と笑いが生まれる場所、力関係がないところ、強さも弱さも出せて自分らしく居られる場所。
今まで無意識に誰かの為にと自分を犠牲にばかりしてきたから自分を大事にするという意味が分からなかったけど今は、自分が心地のよいこと、人、場所を選ぶことが自分を大事にすることにつながるのだと思っている。少しずつそれを選べるようにもなっている。
このトラウマを癒すのは、まだまだ時間がかかると思うし、泣いたり笑ったりを繰り返しながらたくさん死にたくなると思う。だがこれからも人と関わり続け、人の力をかりながら自分自身とトラウマに向き合っていきたい。

感想1
書いてくれてありがとうございます。
これまでたまっていたことを一気に文章として昇華させた勢いが伝わってきました。

自分の気持ちや状況、背景を厳密に言葉にしたのだろうと感じました。同時にものすごく客観的に自分自身をとらえていると思いました。おそらく、それまで自分のことをどこか引いたところから見ていたもう一人の自分がいて、そのもう一人の自分はずっとしゃべらないで我慢していたけれど、「ようやく、自分が話すときが来た!」と思って、一気にしゃべっているような感じです。ただ、まだ少しだけそのもう一人の自分はまだちょっと離れたところにいて、注意深くリアルなあなたを見守りながら、用心深く自分が傷つかないように身を潜めているような慎重さも感じます。

せっかく語り始めたあなたのもう一人のあなたを、ぜひ大切にしてほしいと思います。「そんなこと言っちゃダメ、思っちゃダメ」と感じることもあるかもしれませんが、気にしなくてよいと思います。あなたが感じること、思うことが全てでそれを確かに自分のものだと実感していいのです。ただし、一人ではつらいこともあります。あなた自身が手に入れつつある居場所で始めているようにいろいろな人の力をこれからも借りてください。そして、あなたの力も私たちに貸してもらいたいと思います。

感想2
理由がわからないまま様々な対処法でしんどさに耐え続けていたのですね。そのためか文章から、長く溜まっていた気持ちが一気に噴き出しているように感じました。それと、ところどころにある比喩のおかげで、あなたが自分の経験をどう解釈しているかリアルに伝わった気がします。

「いい子」や「相手の望む自分に合わせすぎ」るなど、どこにいても常に相手の望む自分であらねばならないのを想像すると、自分の気持ちや感覚を優先できる機会は少なかったのではないでしょうか。どんなきっかけや過程があって心地よいと感じる居場所がわかってきたのか気になりました。よければ教えていただきたいです。

生きづらさの理由に気づいてあまり時間もたっていないのかなと思いました。まだまだ語り足りないのではないかと勝手に想像しているので、語ってもらえる機会ができたらいいなと思いました。

感想3
すごく自分自身の気持ちと素直に向き合って、この経験談を書いてくれたのだと思いました。ありがとうございます。
「機能不全家族」で育ったことが、14歳頃からずっと生きづらかった原因になっていると分析されていたので、「機能不全家族」についてもっと一緒に考えたいと思いました。

世間ではなんとなく「家族は家族として機能しているはずだ」という前提があるように感じます。けれども実際には、あなたのように「機能不全家族」のなかで育つ人たちがいます。多くの人が、子ども時代に親や先生から「家族がいて、帰る家があって、ご飯を食べられるのだから、感謝すべき」というような規範意識を刷り込まれていそうです。そのため、家庭に居場所のない子は、本当はすごく辛いのに「感謝しないと」「感謝できていない自分はだめだ」と思って「良い子」を演じるしかなくなり、余計に苦しくなっているのではないかと考えます。

それと、一つもっと詳しく教えてもらいたい部分があります。「今まで無意識に誰かの為にと自分を犠牲にばかりしてきたから自分を大事にするという意味が分からなかったけど今は、自分が心地のよいこと、人、場所を選ぶことが自分を大事にすることにつながるのだと思っている。少しずつそれを選べるようにもなっている。」というところです。
どのようにすれば、あるいは、どのような環境があれば、自分の心地よいこと・人・場所を選んで、自分を大事にできるようになってきたのだろう?と気になります。そんなふうに自分の人生を送ることができたら素敵だろうなぁと思ったので、なんとなくでもわかることがあれば、ぜひ聞かせていただきたいです。

~コメントを読んでみて~

(感想2の質問)
「いい子」や「相手の望む自分に合わせすぎ」るなど、どこにいても常に相手の望む自分であらねばならないのを想像すると、自分の気持ちや感覚を優先できる機会は少なかったのではないでしょうか。どんなきっかけや過程があって心地よいと感じる居場所がわかってきたのか気になりました。よければ教えていただきたいです。

→きっかけは、前職の退職だと思います。
その職場でも求められる人物像と本来の自分とのギャップに苦しみ自分がすり減らされていく感覚がありました。経験談でもあったのですが、将来的に影響があるような身体の壊し方をしてしまい、こんなのであれば今を大事にしようとか、自分がやりたいことをやろうという考えが強くなりました。

会社的に人が少なく自分が退職すると明らかに会社が回らなくなることも想像もでき、私自身退職をすることに迷いがありました。ですが退職が許されない状況の中、私の退職を少数でしたが応援してくれる存在があり、はじめてマジョリティに負けず、自分の選択を優先するということが出来ました。

結果的にその選択が今でもよかったと思っていることで、自分の感覚で選択するというところに少し自信が持てるようになりました。それまでもいつも自分で決めるというスタンスは大事にしていたつもりだったのですが、人の口車にのせられてパワーの強い方を選択せざる負えない状況があり、それが自分の選択になっていた時もありました。また、客観的に見て当たり障りのない選択もしていました。
その選択の時ほど失敗し、私なんて…と自信ばかりが喪失し、負のスパイラルになっていたと今は、感じています。その背景には、世の中の間違った一般論、常識とされるものをマジョリティが支持するということも関連している気がします。

(感想3の質問)
「今まで無意識に誰かの為にと自分を犠牲にばかりしてきたから自分を大事にするという意味が分からなかったけど今は、自分が心地のよいこと、人、場所を選ぶことが自分を大事にすることにつながるのだと思っている。少しずつそれを選べるようにもなっている。」というところです。どのようにすれば、あるいはどのような環境があれば、自分の心地よいこと・人・場所を選んで、自分を大事にできるようになってきたのだろう?と気になります。そんなふうに自分の人生を送ることができたら素敵だろうなぁと思ったので、なんとなくでもわかることがあれば、ぜひ聞かせていただきたいです。

→やはり今このように思えるようになったのは、自分の変化や環境の変化が大きいと思います。
私は人への不信感が強く、極力信用できる人としか関わらなかったので、自分と似たような価値観の人としか接してきませんでした。それが良いとか悪いとかではないのですが、そのため考えが固執していたり、違う価値観の人を受け入れることが出来なかったり…細々ながら自分を持ち続けていたよう感じます。

ですが現在、色々な人と出会い、関わる環境に変わり、多様な世界を知りました。自分と似ている考えの人もいれば、別の考えの人もいて色々な考えがあっていいんだと感じるとともに、その中で自分はこうでありたいなと少しずつ思うようになりました。自分と他者の境界線みたいなところにも触れ、他者変えるのは難しいけど自分は自分がやりたいように変化?できるし、自由なんだと気づきました。

自分には嘘をつかず、何か起こった時に否定されないところで素直な気持ちを話してみる体験も大事でした。その中で以前と違う自分がみえて、自分の変化が怖い(ついていけない)という時期に陥ったこともありました。今もですが…。

あとは、やはり信用できる大人の存在は大きかったです。いい部分も悪い部分も客観的に見てくれていて、伝えてくれる存在は自分という存在を映し出してくれているので、何度も救われました。何の取引もなく、自分の為に伝えてくれていることも分かり、信用することができました。

自分の心地よいところが分かりはじめているのは、自分の楽しいことや嬉しいこと、好きなことを思いつくままやってみました。今もやっています(昔は映画一つ観るにも別のことを考えている自分が居て心の底から楽しめている感じがありませんでした)。そんなことを繰り返しているとやりたくないことはやらなくていいんだ!とだんだん思えてきて(やらなきゃいけないときもありますが…)自分にとって心地よいこと、人、場所が分かってきた気がします。

機能不全家族について、本当に共感しました。閉ざされた家庭の中は、一般的には変だと思われることも、家庭の中の常識になっていることも多いです。
私はごはんを誰かと食べる習慣がなく、1人で食べるのが当たり前でした。社会に出て初めて食事は誰かとするものなんだと知り、今では誰かとご飯を食べることが好きになりました。
長くなってしまったのですが、またゆっくりお話しができたらと思います。

ご自身の変化や環境の変化について、とても詳しく書いてくださってありがとうございます。
色々な人と出会い、多様な世界を知り、信頼できる大人に会い、楽しいことや嬉しいこと、好きなことをやってみる…。それらの小さな一つ一つの積み重ねが、大きな変化をつくっていったのかなと想像しました。
その経験はとても貴重なものだと思うので、多くの人に伝わればいいなと思います。
ぜひリアル居場所などの機会に、ゆっくりお話を聞かせてもらえるのを楽しみにしています。