衝動的に漏れ出た声

神奈川県・21歳・女性

学校では成果主義が当たり前、教授の個人的な好感度が大きな力を持っています。学生は日々成果に追われ、成果の出す研究やアイデアを毎日必死に考え、実行します。教授の大好きな成果を論理的かつ魅力的なプレゼンで、毎週アピールすることに疲れました。

これが社会に出たらよくあることなのだと思うと、これからが不安でたまりません。元々、人の感情に敏感な私には、教授によるプレッシャーがとても精神的負担です。何人かの同輩や先輩が疲れて病んでいく姿を見て、これが異常なのだと悟りました。でも、それでなにかが変わるわけではなく、衝動的に叫び散らしたい欲求や死にたい、逃げたいといった考えが湧くようになりました。
新しい環境に出ることや新しい行動をすることにストレスを感じ、吐き気がしたりかなり不安になったりすることが多い私は、この先、生きていけるのか不安です。

ただ、議論はストレスがかかるものの、新しいアイデアや気づきをひねり出すことが楽しく、今の学問が自分に合っていない訳ではないと思いたいです。

家庭では母親がよく分からない宗教にのめり込み始めました。母親は「これは宗教なんかじゃない!」と本当に信じている様子です。
変な呪文を唱えさせられたり、変なカードを握らされたり服の中に入れられたりといったことは、少しストレスです。人に宗教を押しつけてはいけないと言っているのに、地方につれて行き、神社で呪文を唱えさせようとしてきます。下手に隠されても敵わないので、地方についていくこともあります。行き先で、宗教団体?の方と会い、その方々がそれを本気で信じており、私が宗教的にどのような状態であるかを話しているのを見て不愉快になることもあります。でも、相手は本気で信じているので、否定も肯定もしないことにしています。

「こんなことさせられて大変ね」と同情してくださる方が一人いました。その人もまたその宗教を信じている人でした。その同情に少し心を許してしまった自分がいました。だから、その後の言葉がとても心に刺さりました。
「(母親)さんも本当にこれがいいと信じているの。うるさいと思うけど、家族だから許してあげてね。」「あなたを世界で一番思っているのはお母さんなんだから。」「あなたも恵まれているから、感謝しなさいね。大変だろうけれど、恵まれているのだから頑張りなさいね。」
言い返したかったです。グッとこらえました。言い返してもこの人には理解できないでしょうから。大人になったら、自分の考えを正しいと強要する人が多くなるように感じます。

家族と言っても、他人です。家族だから許さなければならないの?
私を世界で一番思っているのが、母親だとしましょう。それならば、なぜ私を悩ませるの?私を思っているのに、なぜ私を傷つけるの?なぜ、やめてと声をあげているのに、それが辛いと話をしているのに、まるで母親が被害者のように言い返してくるの?
確かに恵まれていて感謝しています。でも、恵まれていたら頑張らなきゃいけないの?こんなに苦しいのに。
と、こんなことを考えても無駄なんですけれど。もうつかれました。

ここ2週間、体の調子が悪いです。寒いからか、全身が震えたことがあります。歯がぶつかりあって、ガチガチと音が出るほどです。それは止めようとしても止められませんでした。
その異常な様に母親は悪霊がついてるんじゃないかと騒ぎ、変な呪文を唱えさせようとしました。おかしいですよね。歯がぶつかりあってるのに、呪文なんて唱えられる訳ないじゃないですか。何も悪いところはないはずなのに、足が激痛で体が震えたりしました。生理も止まりました。産婦人科がどんなに怖いところか母親が何度も言うので、新しい環境にいくことが苦手なこともあり、行けていません。喉が腫れて熱が1週間以上出つづけ、寝過ぎたからか腰が激痛に。体が痛いので、心も弱くなっているのでしょうね。
40度近い高熱のとき、母親はご飯を作ってくれず呪文を唱えていたのがすごく印象に残っています。高熱で苦しい中、父親にゼリーを買ってもらうよう連絡をとり、ペットボトルの水を取りにキッチンに向かったこともいい思い出です。熱が出始めてから、迷惑そうな親の気持ちが伝わってきて不快でした。母親は、「えぇ、学校いってほしい。リビングに降りてこないで。」といった言葉を口にしていました。
私は大人に分類される人間ですから、こんなことを気にしちゃいけないのでしょうけれども。衝動的にわめきたくなったり、死にたくなったりしても、ギリギリで堪えられましたから、きっとこれからも大丈夫だと思います。痛いのは嫌ですから、死ねないと思います。最近は忍耐力がないためか、声が漏れることが多くなったかもしれません。

感想1
体調が悪いのに経験談を書いてくれてありがとうございます。その後、体調はいかがでしょうか?
タイトルの「衝動的に漏れた声」について最後にあなた自身は忍耐力がないためかと書いていますが、そんなことはないと思います。あなたの身体があなたを守るためにSOSを出しているのだと思いました。日本では特に我慢や忍耐が美徳だと思われているようですが、私は我慢や忍耐には必要なものとそうではないものがあると思います。あなたは十分これまで我慢や忍耐をしてきたと思いますので、もうこれ以上は必要ないと思います。

あなたの事情を知らない私が簡単に言えることではないかもしれませんが、今の環境から離脱して、あなたの力を別のことに発揮してもらいたいと思いましたし、それを一緒に考えたいと思いました。それは簡単ではないかもしれませんが、これまで同じように誰かの期待に応えようとしてきて疲れた人たちが別の生き方を探していく過程に付き合ったきた経験があるので、あなたにもその権利があるし力もあると思ったのです。一人の力では難しいですが、環境を変えたいと思うことがあれば教えてください。一緒に考えることはできます。

感想2
成果主義や上の立場の人からの評価は、人を病ませますよね。敏感なあなたには、なおさらつらいのではないでしょうか。社会はどんどん成果主義になっていきますが、優劣で評価すると上下関係が生まれ、発想や意見の自由さが失われるのではないかと私は心配しています。
「家族だから」「恵まれているのだから」といった言葉は、あなたを傷つけていい理由にはなりません。そもそも、人にそういった意見を押しつけるのはあってはならないことだと思います。また、人は相手を大切に思うとき、自分が当たり前とする考えや方法で相手と関わろうとします。でも本当に相手が大切なら、自分ではなく相手の考えや方法に合わせて関わるべきだと考えます。(こうやって考えるのも私の考えを押しつけてはいないか心配です)

私も敏感さがあり、押しつけには拒否反応が出てしまうので、読んでいて勝手に共感してしまいました。私の周りでは社会が当たり前としている常識や普通への拒否反応を「常識アレルギー」と呼んでいます。世の中の人々は、自分の考えを疑わず、根拠もなくだれかを傷つける価値観を信じ込んでいるように感じます。私もそんな人たちに説明したり理解してもらおうとしたり試みるのですが、うまくいきません。でも、あなたのように感じる人が世の中にいると、少し希望が持てます。「変だ」「おかしい」と感じる人たちが集まって声を上げれば、少しずつでも理解してくれる人が増えるのではと思っています。

感想3
あなたは自律心が強く、学問にもストイックに取り組んでこられたのだろうなと想像しました。どんな分野の学問をされているのか気になります。
そんな努力のできるあなたのような方が、成果主義に押しつぶされそうになっている現状を私は許せません。子どもを大事に思う親だからといって、子どもの心身を傷つけていいはずがないでしょう。あなたのおっしゃる通り、家族といえども他人です。他人の人権を損なうことは、どんな関係であっても許されないことだと考えています。あなたがそんなふうに親に傷つけられるのは本当に理不尽です。
それでもあなたは忍耐力を身につけて、耐えてこられたのだと思います。そうやって生き抜いてこられたことは、当たり前にできることではありませんし、すごいことなのではないかと思います。

それにしても、熱が出るのはしんどいですよね…。ストレス性の発熱でしょうか。私も経験があるので、体のしんどさまで想像できて、心が痛みました。
あなたのこれまでの経験や才能を生かせる環境さえあれば、いろいろと本当の意味で社会の役に立つことができるだろうなと感じました(上から目線で評価しているわけではありません)。なぜなら理不尽で苦しい環境を生き抜いてこられたあなたは、生きることの難しさ・かけがえのなさ、困難に直面したときの工夫などを、よく知っていそうだと思うからです。どうかあなた自身の経験や才能を大切にしてほしいと思います。それらを生かすことができて、あなたが自分の人生を自由に生きていると感じられるような環境を、一緒に探せたらいいなと思います。

~感想を読んで~

感想ありがとうございました。少し心が軽くなりました。
その後、体調はマシになりました。完調はしていません。自分や環境を変えていく力を蓄える時期だと、私は思っています。
他人を気にしてしまうのは、仕方のないこと。それは自分にとっては短所でも、他の人にとっては長所かもしれません。

私も「常識アレルギー」が出やすいです。しかし、人間が自分の認識している範囲でしか物事をはかれないのは、よく分かります。ですので、私は「人間だから仕方ない」と言い聞かせて心を守っています。声が上げられる環境、声を受け入れられる社会になればいいと心から思います。

私の勉強している学問は電気・電子系です。理想が高い割に自分に甘いところがあるので、自分ではストイックだとは思ってません笑。
私に特別な経験や才能があるとは思いませんが、それによって人を助けられる人間でありたいです。そして、自分が苦しさを感じずに生きていられるような環境を見つけられたらいいと思っています。