結局「甘え」「心の弱さ」なだけ


長野県 高校生 女


私は、とても恵まれています。
イジメはしたこともされたことも無いです。
虐待なんか無く、母はとても親身になって話を聞いてくれます。
先生も友人も優しい、良い人ばかりです。
金銭的な問題も身体的な問題もありません。
でも生きづらいです。
悩み相談のサイトでは、どこを見ても私よりずっと辛い中生きようとしている人で溢れています。だから私のこのしんどさはどの人も持っていて、それでもみんな頑張って生きているのだろうと思います。
でも、私はコレを抱えたまま何十年も生きていける自信が無いです。
きっと甘えなんだと、心が弱いだけなんだと思います。ただ慰められたいだけなんだと思います。だから自分の事が大嫌いなんです。いっそなにか環境に問題があればそれを言い訳に自分を正当化できるのに、なんて思ってしまう程です。贅沢言うなって思われるだけですよね。
私はもっと楽をしていたいです。でも、生きる上で絶対に辛い思いをしないなんて不可能です。ならば1番幸せな高校生のうちに死ねれば、楽なのにと思います。
しかし、どうせまた私の明日はやってきます。死ぬ勇気すら持ち合わせていないこんな自分が、死んで楽になれるはずがない。生きる価値はないけれど、死を選ぶ権利もない。
それが私
なんで生きるのはこんなにも難しいのでしょうか?
なんで多くの人は死ぬことは不幸なことだと考えるのでしょうか?
なんで今生きている人は辛いことを我慢してまで生きているのでしょうか?
生きづらいです。

感想1
あなたがどのような暮らしを送ってきたのか、詳しくは分からなかったのですが、何をしていても心から楽しいと感じづらいような、しんどい感覚がずっとあるのかなと想像しました。ちょっとうれしくなったり、肩の力が抜けたりすることも全くないのか、それとも「自分はそのような気持ちになってはいけない」と考えて、しんどさ以外の感情を感じないように抑えているのか、どうなのだろうと気になりました。
また、あなたは自分自身のことや、生きることについて、たくさん考えてきたのではないかと思いました。そこに、ストイックさを感じました。
人は生まれてから経験することや、物の感じ取り方などが、みんな違うので、全く同じ生きづらさを感じている人はいないのではないかと思います。それでも、語り合っていくと、互いに理解したり共感したりすることもありそうです。
「いっそなにか環境に問題があればそれを言い訳に自分を正当化できるのに」というところを読み、あなたは「環境に問題はない」と決めつけるメッセージを、周りの人たち(ネットやメディアも含めて)から、それとなく向けられているのかもしれないと思いました。
私は、この社会には、人が生きるのを難しくさせるような様々な問題があって、無縁でいられる人はいないと思います。だから、社会で生きているだけでも「環境に問題がある」ことになると思います。でも、実際の生活の中でそれに苦しめられていても、社会で起きていることを広く知る機会が少ないと、「生きるのが辛いのは個人の問題なのではないか」というふうに思ってしまいそうです。
このネットの居場所は、専門的な知識を知るところではないのですが、私たち一人一人の持つ様々な経験や、物の感じ取り方の違いなどを知ることができそうです。そして、気持ちや考えはみんな少しずつ違っているかもしれませんが、生きづらさの源をたどると共通点もあるかもしれません。そのようなことを一緒に探りながら、「もっと楽をしていたい」というあなたの希望が、現実の生活に近づくといいなと思いました。

感想2
経験談読みました。
強い葛藤や苦しさを感じました。
そして、生きることがつらい気持ちについて改めて考えてみました。つらさや苦しさはある意味とても主観的で、その人がつらいと思えばつらいし、苦しいのは苦しいのだと私は思いました。何か明確な原因があるからつらいのではなく、つらいという事実が確かなことで、まず先にあり、その原因を考えてみたら思い当たることがあるのだろうと思いますが、それがわからないことだってもちろんあると思います。同じ事実があっても、それをつらいと思う人もいれば、全然つらくないという人もいます。それと同じように明確な何かがなくてもつらいことだって自然なことだと思いました。むしろ、人は何かわからない、なぜかわからないのがもっと苦しいのではないかとも思いました。
私は高校生(文章からそのように理解しましたが、もしも間違っていたらすみません)のあなたが自分の苦しさを甘えだとか、心が弱いだけだとか、慰められたいだと自分自身のあり方に疑念を抱き、自分の事が大嫌いだと表現できることにある種の健全さ(もう少しうまい言葉ありそうなのですが、今のところこの表現が限界でした)を感じています。生きることはどこか、明るく前向きに幸せがいいという幻想に私たちはとりつかれているだけで、実は生きているだけで苦しいことやつらいこともまた当たり前に私たちの中にあるのではないか?とあなたの経験談を読むことで、改めて生きることの深さを考えさせられました。
ありがとうございます。