居場所が欲しい

20代後半

「1人で抱え込まないで」
信用出来ない

「頑張って」
もう頑張っています

「自分を愛して」
無理です

「皆心配してたよ」
自己保身ですか?

「生きて」
もっと無理です


それらが出来ていたら順風満帆の人生を送れているだろう。

虐め、孤立、裏切り、自殺未遂。
不眠、過食、自傷、倦怠感、希死念慮。

何故自分が心を病んでしまったら人は皆離れていく?
何故虐めやパワハラをした方が笑い、された方が泣く?
何故裏切った方がのうのうと生きて、裏切られた方が絶望にのまれる?

何故傷ついた方が不幸になる?

あと何回涙を流せば私を認めてくれる仲間が出来るのだろうか。
私が居てもいい環境に出会えるのだろうか。

極度のコミュ障で職を転々としてきた。
どこに行っても嫌われる。
どこに行ってもよそよそしくされる。
どこに行っても厄介者になる。

それは私が病みやすく暗いから。

今の現代社会では私は受け入れてもらえない。

何のために生きているのか分からない。

弱虫の私を受け入れてくれる人と環境が欲しいだけ。

私を認めてくれる仲間が欲しい。

私を置いてくれる居場所が欲しい。

ただそれだけなのに。

心から笑う方法も忘れてしまった。

私を愛して
私を仲間にして
私を助けて
私を救って

私に手を差し伸べて欲しい。

独りぼっちだけど、生きている。

どんなに願っても何も手に入らないし、もう頑張れない。

感想1

経験談読ませていただきました。

短い言葉の数々に今の社会での理不尽さと傷ついた感情が込められた文章だと私には感じられました。そして、自分の居場所を求め続けていることが伝わってきました。自分を受け入れてくれる人と環境が欲しいだけなのに、どこに行っても手に入っていないということに、「居場所」を得るということがとてつもなく難しいことなのだと思いました。

投稿者さんの経験を読み、あらためて今の社会では排除されることが多く傷つく経験を重ねざるえないことを考えさせられました。傷つく経験が多いと、人を信じられなくなるし自分も信じられなくなって、より人間関係が難しくなるような理不尽さもあるように私は思いました。

どうしたら沢山傷ついた人が、居てもいいと思える居場所をつくっていけるのか、理不尽に排除されることがなくなっていくのか、本当は傷ついている人よりも社会を構成する一人一人全員に考えて欲しいことなのだと私は思います。今回投稿者さんが声を届けてくれたことで考える機会をいただきました。ありがとうございます。今後も機会があれば投稿者さんから見える人間や社会について教えて欲しいと思いました。

感想2

経験談を投稿いただき、ありがとうございます。
文章を読んで、投稿者さんにとってこの世界はとても息苦しいのだろうという印象を受けました。

虐めや裏切りという言葉があったので、そんなことがあれば周りを信用できなくなることもあるのではないかと考えていました。だから、「一人で抱え込まないで」と言われても、他者に話したり、助けを求めたりする気持ちにもならなくて当然だとも思いました。
また、どこに行っても嫌われよそよそしく振舞われ厄介者として扱われるイメージがあったら、どこかに行くエネルギーなんて無くなってしまいそうだなと想像しました。

そして、ご自身のことを「病みやすい」と表現されている箇所がありました。私は、それって色々なことをよく想像し考えているということなのではないかと思うことがあります。「何故」、と問いかけながらずっと思考を巡らせているのかなと勝手に想像していました。ただ、考えることは生産的なことだと思いつつ、はまってしまうとなかなか抜け出せない難しいものだなと個人的には感じます(なんというかこう、ぐるぐるする感じです)。

もしかしたら、投稿者さんが受け入れてもらえてると感じる環境にあれば、ぐるぐるも少し緩和されたりするのだろうかと考えました。
それに付随して、投稿者さんの思う、「受け入れてくれる」って具体的にはどういうことなのだろうかとも聞いてみたくなりました。
簡単にそんな場所を見つけることは難しいのかもしれないけれど、死にトリを居場所探しのきっかけにしてもらえたらなと思います。