自分は生きていてはいけない

京都府、30代、男


自分は生きていてはいけないと思います。物心ついた時から常に不安感がありました。自分は何をやってもダメだ、存在してはいけないという気持ちがずっとあります。それでも親に愛され、お金にも苦労はしなかったので恵まれていると思います。ですのでこれから書く事は多くの人にとっては共感はおろか理解する事も難しい内容だと思います、ただ体だけ大人になったくせに心はいつまでも子供な人の甘えに過ぎないので。

環境的にはとても恵まれているのに何をやっても下の下、どんなに努力しても人並みに出来る事は一つもありません。どれくらい酷いかと例を出すと小学6年にもなってまだ小学2年の問題が解けなかったりするのがよくあるくらいです(そのせいか先生からはやる気がないとみなされ、他の生徒からは障害者扱いされていました)。いじめも長年受けましたがそこまでキツイ物ではなかったと思います、精々殴られたり、脅されたり、毎回顔を合わせれば死ねと言ってくるくらいだったので(当時は毎日死にたいと思うくらいには辛かったですが)。他にも色んな要素があって結果的に小学校を卒業出来ていません。だからか未だに就職出来ていません。取り柄なんか無いので寄ってくる人は精々悪意を持ってる人だけです。

少しでも楽になれたらと思い色々調べると大体どこも似た事が書いてあります。あなたはそのままで良いとか、誰でも生きてて良い、幸せになっていいとか書いてありますがこういう事を書く媒体は毎回明確な根拠を書いてないので私には現実逃避の為にそう思い込んでいるか、真人間だけの特権としか思えません。小さい成功体験をしようと思ってもその直後にはそれまで当たり前に出来ていた事も出来なくなる連続で常に劣化しています。自分が無意識に完璧を目指そうとしている可能性も考えましたが、そもそも自分の中の完璧を出しても人並みに出来る事が無いので完璧を目指すな、というのが土台無理な話です(そうでないと社会はまず話を聞いてくれません)。アファメーションも全く効果が無く、やった直後に吐き気を催す有様です。自信にしろ自己肯定感にしろ、高めようとすれば身体中が拒否反応を起こすみたいです。

自己肯定感が低い人ほど自分を過大評価しているというのを読んだ事があります。確かにそうかもしれません、人並みの人間ですらないのになんとか底辺は避けられるかも、なんて少しでも思ってしまったのが思い上がりだったのかもしれません。しかしそう考えるとやはり自分は何か出来るとは思えない…というよりは思ってはいけないような気がします。

恐らく自分は発達障害なのだと思います。よく理解者だとか認めてくれる人、必要としてくれる人は必ず居ると言いますがそんな人は今まで一人も居ませんでした(家族含め)。何をやっても嫌われるか存在しない者として扱われるだけです。とはいえ嫌う人を責める筋合いもこちらにはないので何も言えないですが…(どんな善人だって自分の足を思いっきり引っ張られたら殺意が芽生えたって不思議ではないと思います)。周りからも早く死ねば?とか何で生きてるの?と何百人、何千回と言われるくらいダメな人間で迷惑かけまくってるので早く死ぬべきだとは自分でも分かっています。それでもまだのうのうと生きてるのが本当に申し訳ないです。何度も死んだ方が良いと思った時、唯一の心の支えはゲームだけでした。死んじゃおうかと思ってもその度に頭に浮かんだのは親の顔でも先生のメンツでもなく(友達は居ません)まだやっていないゲームがあったからです。正直ゲームが無くてちょっとしたきっかけと勇気があれば死んでてもおかしくなかったと思います(とんだ甘えですね)。

ここまで読んでもらって分かったかと思いますが、私は超が付くほど他人に無関心で身勝手に加えて人間性のない冷酷な人間です。ここまで分かっているのにまだ楽になろうと思ってしまい、最後に試した事は自分の好きな事を他人に共有(要は自己開示)したんですが、この瞬間程自分が生まれてこなければ良かったと思ったことはありません。自分の好きな事を他人に共有したら「こいつ(私)と同じ物好きとか最悪」と言われその悪評が近隣のコミュニティ全体にまで広がってしまい大袈裟に言うと不買運動みたいになり結果的に自分の好きな物に対して多大な迷惑をかけてしまいました。この頃はまだSNSが発達していなかったのでこの程度で(と言うべきではありませんが)済みましたがもし今同じ事が起きてしまったら、と思うとゾッとして今では自分の事を誰にも話したくありません。ただでさえ無責任で無能な人間なのにこの期に及んでまた迷惑はかけたくないですし、何より自分の行動に対して責任なんか取れませんから。よく人は他人には無関心と言いますがそれは半分不正解で、実際は他人の落ち度と不幸には滅法関心があるように思えます。あるいはその人に不利益が生じる場合(今回の件で言うならプライドが傷つけられる)などです。問題は何がその人のプライドに影響するか分からないので結局一番確実かつ手っ取り早い解決方法は自己開示を一切辞めるくらいしか思いつきませんでした。家族に話しても理解が得られませんでしたしどこかズレた返答しかされませんでした。今から思えば自分の話はよく聞き流されてたな、と感じるので家族の中でも半分どうでもいい存在なのかもしれません。

こんなゴミみたいな人間ですから長所なんか一つもありません。長所がない人は居ないなんて言いますがあれは論理の飛躍が多分に入っているように思います。よくその理由を話す際に言われるのは長所と短所は表裏一体だから、と言いますがそれだとコインの表と裏みたいに2面しかない、と聞こえます。例えばポジティブとネガティブな性格の人が居るとします。一般的にポジティブな人は短所よりは長所として見られる事が多く、そういう人は問題が発生してもなんとかなるだろう、と深く考えない場合が考えられますが、逆にネガティブな人は常に最悪のケースを想定するので精神が削られがちだと思います。しかしポジティブと呼ばれる人はいざ問題が深刻化し自分が被害を受け(少なくとも経験上は)、手遅れな状況になってからやっと手を打つ事になる人が非常に多いのです(それに加えて自分が言った楽観的なセリフは棚上げして責任転嫁する人もいる)。もし本当にポジティブだと言うのであれば(余程の異常事態でなければ)最後までその信念を貫かないのは筋が通らないと思いますし、それはポジティブではなくてただ単に状況認識が甘かっただけではないでしょうか?またネガティブな人は一般的には長所よりは短所として扱われがちだと思いますがこれを裏返して考えると慎重で仕事が丁寧という長所にもなるらしいですがこれも必ずしもそうとは限らないと思います。慎重は慎重でも事なかれ主義の場合なら手遅れな状況まで何もしない場合もあるでしょうし、その場合は丁寧でもなんでもなくむしろ怠惰と言えなくもないと思います。つまり長所と短所は2面しかないのではなく、もっと複数の面があるのではないかと思ってしまいます。何故ならもし本当に二面性しかないのであればポジティブな人は(真逆のネガティブな人の特徴である)慎重な人にはなれないという事にもなりますし、ネガティブな人は逆に問題を深く考えない場合がない、という事になります(ネガティブな人は問題を本当の意味で深く観察するとは限らず、悪い事あるいはリスクだけ見る人もいるので)。だから悪い方に嚙み合ってしまえば長所がない人間が存在してしまう理由になると思います。自分に自信がない多くの人は恐らく自分が持っている魅力に気づいていないだけだと思うのですが私には本当にそんな物はありません。

こんな状況だからか仮に褒められても上手く受け取れません。(もっとも、ほぼ100%その内容は皮肉か嫌味か当てつけだったのですが…)よく素直に受け取る方が良い理由で相手の気持ちを踏み躙るから、と言いますがこれも理解は出来ますが筋が通らないような気がします。この考え方では、褒める側が気持ち良くなりたいから褒められた側は受け取らないといけない、というある種の押し付けのように感じます。本来褒めるというのは自分が感心したからその気持ちを相手に伝える事で、何かを求めてやる行為ではないと思います。それはただの下心のように感じます。

こんな面倒くさい考え方しか出来ないので周りからはまず理解されないどころか相手にすらされません。自分とは直接関係無い事でも(例えば不誠実な行動を見るなど)他人に興味がないくせに腹が立ったりします。こんな出来損ないの人間が子供を作ったとして絶対にまともな子供になるわけないですし、そもそも食い扶持をただ荒らしているだけのゴミクズ以下のごく潰しですから本当に生きている場合ではないと理解しています。自殺したら迷惑がかかる、とも言われますがこれから後何十年も迷惑かけてから死ぬのと今死ぬのとだったら後者の方が迷惑かける量が少なくて済みますし、どっちみち死ぬのなら迷惑をかける量が少ない方を選ぶのが合理的ではないでしょうか?生きてるだけで価値があると言いますが、あれも大分偏った見方だと思います。その言い方でいうのなら歴史上の極悪人、死刑囚なども生かしといた方が良かったという事になります。価値というのは生きていれば上がり続ける物ではなくその人の行動次第で増減する物ではないでしょうか?仮に上がり続ける物だったとしても、他人に迷惑や危害を加えて、あまつさえその価値がある善良な人を殺してしまった場合でも「生きていていい」と言ったらそれは筋が通らないと思います。ですから生きてるだけで価値がある、というのは破綻していると思いますし、全ての人に当てはまるとは限らないですし、綺麗事未満の詭弁に思えてしまいます。

楽になりたいと思い色々考えても結局は自分が悪い、という結論にしかなりません。他人に関心が持てず人間性に欠け、優しさの欠片もない取り柄のない人間が楽になっていい、幸せになっていい資格があるのか、いくら考えても出てきません。感覚的には複数の自分が自分の中に居て、全員自分が嫌いで足の引っ張り合いをしている感覚があります。生きててごめんなさい。

感想1

経験談を送っていただきありがとうございます。全体を通して、世間に溢れている色々な社会的メッセージを繊細にキャッチして考えている様子が伝わりました。

小学校での経験について読み、「できない」と「やる気がない」は全く違うのに、努力しているあなたが先生に「やる気がない」と見なされたことは、とても腹立たしく思いました。その背景には、先生の側に「やる気があれば、誰でもできるに決まっている」といった勝手な誤解があったのだろうと考えました。

「死ね」とか「早く死ねば?」「何で生きてるの?」という言葉は、たとえ子どもであっても、冗談であっても、他人に向けて発してはならないと思います。大人が注意して、それでも続くようなら、いじめをしている生徒があなたに物理的に近づけないような措置(別室で学習させるなど)をとるべきだったのではないかと私は思いました。そうしなければ、あなたが苦痛に耐え続けて、後々まで精神的にも社会的にも不利益を被ることになり、その苦痛や不利益が「ないもの」あるいは「本人の問題」として扱われてしまうことになりそうだからです。そんなことが罷り通るのは、不正義で不健全で未熟な社会だと思います。

「少しでも楽になれたらと思い色々調べると…」と書かれていて、自分で何とかしようと努力されてきたのだなと思っています。
誰かが書いていた色々な方法を、実際に試したり、その根拠や有用性を吟味したりされていたので、あなたは自分の実体験を踏まえながら物事をできるだけ客観的な視点で考えようとすることが普段から多いのかなと思っています。そうしていると、物事の多面性が見えてくるので、「これはこうだ」と一面を切り取るような世間の一般論みたいなものと、あなた自身の考え方は、より違ったものになってくるだろうなぁと考えました。世間の一般論は、一面的で浅はかなものが多いと、私は思います。あなたはもっと深く考えられているのだと思います。

こんな不正義で不健全で未熟な社会で、それでも自分で何とかしようと努力され、深く考えてこられたあなたが、「ダメな人間で迷惑かけまくってるので早く死ぬべきだ」という考えに至るのは、不思議には感じませんでした。私には、あなたのメッセージは、今の社会がいかに「ダメ」なのか、すなわち、何年も何十年も真っ当に努力している人たちの生きる力を奪っているか、を示しているように思います。

長所・短所については、ある人間の一部を無理矢理切り取って、長所・短所と言っているだけで、その人自身は多面的なのだと思います。多面的なその人をそのまま見ればよいのに、なぜ世間では長所・短所という概念を持ち出して個人をバラバラに切り分けてしまうのか、私は理解できません。人間を人間として尊重せず、何かの道具として見ているようにさえ感じます。ですから私は「長所なんか一つもありません」というあなたの考えを支持します。

「生きてるだけで価値がある、というのは破綻していると思います」と書かれていました。私も「生きてるだけで価値がある」という一般論には疑問を感じます。なぜなら、その言葉を裏返せば「生きていなければ価値がない」「死んでしまったら価値がない」ことになりそうで、生きているものには価値があるのに、生命が尽きた途端にその価値がなくなるという理論には納得できないからです。

「楽になっていい、幸せになっていい資格があるのか」ということですが、もし社会に、幸せになるに値する人間かどうかを区分する検定試験のような仕組みがあったら、とても恐ろしいと感じます。しかし、そのような仕組みは、今ここに実質的にある(一部の人には感じられている)ように思いますし、ずっと過去からそうだったのかもしれません。

「わたしは幸せになっていい、そしてあなたも幸せになっていい」と言い合えて、その上で、口だけではなくそれを実現するために一緒に試していける社会になることを私は願っています。

感想2

いかに自分が悪く人に迷惑をかけているか、迷惑をかけないためにしてきた努力、人という生き物の二面性について、そして死生観などの様々なあなた自身のこれまで社会やヒトに対して考え抜いてきたことをここまで丁寧に文章化される力があるということは、誰よりもそういったことを深く考え、追究してきたことと思います。そして筋が通らない、という言葉が何度か使われているのが気になりました。あなたにとって人に迷惑をかける存在は生きているべきではない、と考えてこられたのかな、またその考えを後押しするような周囲の反応や経験がおありなのではと感じました。

あなたのおっしゃる通り、ヒトは複数の面があると私も感じます。私は個人的にはヒトはコインのように表裏ではなく、球体のように立体で360度かつ3Dだと考えます。ネガティブな人がひっくり返して慎重を必ずしも持ち合わせているとも思わないし、ネガティブな人(ネガティブ、というのがどういう状況か、ということについては何時間でも議論できそうなのでひとまず保留にします)が24時間365日常にネガティブかというと、そうでもない気もします。寝ていたり、ご飯を食べている時間もあるでしょうし。

また、アファメーションについても、自分を肯定できないのに前向きな言葉を吐くつらさも頷けます。

生きていていい人とそうでない人…生きているだけで価値がある…とても難しい問題ですね。社会には筋が通らない部分や理不尽なこと、たくさんありますが綺麗事でなんだかごまかしていることが多く、そして多くの人はそういったことをあまり深く考えずにスルーすることができるから生きていけるだけで、真剣にそれらのことを考え始めたらすべてが嘘くさく感じてしまい、何も信じられないし、かなり昔に「鈍感力」という言葉がはやりましたが、物事に対して疑問を持ち自分で考える力のある方はとてもしんどく、鈍くスルーできる人しか生き残れないような気がしてきました。

そんなあなたが、環境には恵まれている、と感じている…

環境には恵まれていると感じていながら、でも社会に対してはとても不満や理不尽を感じているように感じます。私も感じます。

また、このように体験談という形でもいいですし、ネットの居場所を通してあなたの目に写る社会、について教えていただけたら、社会がどうなっていけば不満や理不尽が減るのか、一緒に考えていければと思います。

返信1

このような駄文をお読みいただきありがとうございます。小学校の先生に対して腹立たしく思ったと言ってくれて少し心が軽くなったような気がします。そういう感情は常に敵意に晒されているうちにどこかにいってしまったみたいです。仰る通り“やる気がない“と“出来ない“は全く別の事だと思います。しかし先生の立場を考えれば事実がどうであれそう思わざる、もしくは言わざるを得ない状況だったとも思います。正真正銘の障害者でもないのに異常に成績が悪い生徒が自分のクラスの担当に居れば当然先生の能力が疑われてしまいますし立場も悪くなるでしょうから。いじめについても同様でいじめがあると学校側が気づいてしまえば先生の立場が悪くなりますし下手をすれば学校自体の評判にも影響しかねません。ですから特別な措置も出来る立場ではないと思います(いじめを受けているこちらの立場からしたら勿論そうやって欲しいですが…)。恐らくこれは今でも変わってないと思います。そんな中で精神的不利益について理解を示してくれたのは本当にありがたく思います。

私が深く考えているかは分かりませんが少なくとも真っ当に努力している人、素直、真面目、もしくは正直な人が馬鹿を見るこの世の中はどこか歪んでるような気がしてなりません。勿論私はこの中には入らないので関係ありませんが…

長所がないという点について共感頂けたようで嬉しく思います。そうですよね、その人をそのまま見れば良いのにまるで道具として見られてるような感じがしてしまいます(資本主義という観点から見れば間違ってはいないのかもしれませんが…)。

生きてるだけで価値があるというのに懐疑的な視点を持っている人が居るとは思っていなかったので驚きました。死んでも残る物はあると思うので私もその考えを支持します。幸せになるために検定試験のような仕組みがあるのかについては私も分かりませんが、少なくともそれを得るためには自分自身の行動責任を自覚出来なければそんな資格はないんじゃないかと思います。

返信2

このような乱文を最後まで読んで頂けた事を嬉しく思います。 

筋が通らない、という言葉を使ったのは別にそれが正しいと思っている訳ではないからです。もし仮にこの世に絶対的に正しい事があったとしても時間が経てば変わりうる物だからです。

昨今だと自由やら多様性を尊重するのが美徳とされていますがそれを盾に身勝手な行動をする人も多いと思います。その上で自由や多様性を尊重するのなら筋が通るのか、という点を見るというのはそうおかしい話ではないと思います。私が言う筋というのは自分の言っている事と行動に一貫性があり、自分の行動に責任を取れるかどうか、を指しています。ですから他人に迷惑をかける事自体を批判するつもりも否定するつもりは少なくとも私にはありません。事情を鑑みてそうせざるを得ない状況だったなら怒っても責めても時間の無駄ですし、そもそも人間社会というのは広く見れば他人と一切干渉せず生きるのは難しいので文字通り迷惑をかけず生きるのはほぼ不可能だと考えているからです。

なのでもし迷惑をかけてしまったら出来る範囲で償えばチャラにすべきだと思います。極端な例を出すと赤の他人がどうしても私の家族の命を奪わざるを得ない事情があったなら(感情的に納得出来るかは別ですが)少なくとも論理的に考えれば相手を責める資格は私には無いと考えます(もしそう考えられなければそれは私が未熟なだけです)。あるいはどれだけ自分が迷惑を被ってもそれが事前に予想出来る物ではなく、問題の本質が怠惰ではなく能力の有無(つまりやる気がないのではなく出来ない場合)だったらこれも前の例と同じく相手を責める資格は私には無いはずです、ですから人に迷惑をかける存在は生きているべきではない、とは考えてはいないつもりです。

ですがもし自分の愉悦のためだけに、他に取れる手段もあるのに、事前に充分予想出来た状況で他人に悪影響を与えたにも関わらず、それに向き合いもしないのは仮にそれがどんな高尚な事でもどんな立派な人でもどれだけ取るに足らない事柄でもおかしいと思います。広い目で見れば個人の自由が他人の自由を奪う行為ですから悪く言えば自由を食い潰していると思います。それは自由ではなく身勝手な行為がまかり通ってしまう無法地帯と言った方が適切ではないでしょうか?特にこの場合、言っている事とやっている事が一致していない場合がとても多く感じます。例えば自由を盾に自分の好き勝手に行動するけど他人にはそれを許容しないなど。そういう場合でも自らの間違いを認めてやり直す、もしくは償う意思がちゃんとあるのなら能力の有無、もしくはそれによって生じた結果等とは関係なく許容すべきだと思います。その結果その人の考えが変わったとしてもその部分を一貫性が無いと批判はしません、何故ならそこに筋が通っていると考えられるからです。私が言う一貫性があるというのは自分の行動が徹頭徹尾同じであるというわけではなく、(上手く言えませんが)自由という物に忠実であるか、という意味合いが近いと思います。言い換えれば自分の行動責任を果たせるか、という事だと思います。残念ながらこういう風に思っている人は私以外には見たことがなく、実際社会が言う迷惑というのは自分にとって不都合な事が起きたかどうか、しか見てないように思えますが…(身も蓋もない言い方をすれば自分の気分が悪くなれば迷惑と見做しているように見えます)。

人の多面性について理解して頂けて嬉しく思います。またアファメーションの難しさについても共感して頂けてありがたいです。仰る通り環境には恵まれていると感じますが社会に対しては理不尽を感じています。自分が無能な部分に関しては誰のせいでもないですし誰かを責めるつもりもありませんが、社会が理不尽の塊なのは別問題な気がしてなりません。普段は書けない事が多いのでこういう場を設けて下さり心から感謝します。不満や理不尽がどうやったら社会から減るのか考えていけたらと思います。長文申し訳ありません。