理想と現実

東京都 10代 男性


私は幼い頃に発達障害と診断されました。小学校と中学校は普通級に通ってました。小学校は大丈夫だったんですけど中学校入ってから人間関係で悩み自殺を考えたりしました。中学2年の時に学校行きづらいかなって休みました。いい先生方にも恵まれて中学3年生になって志望していた高校にも入れました。高校に入ってからはアメフト部に入りました。コロナでほとんどがオンライン授業で、ほとんどクラスメイトと会えませんでした。部活内でも上手くなろうと必死でしたがまた人間関係悩んで心療内科に行きました。時々わけわからなく泣くことがあってでもそれ心療内科に行っても理由がわかりません。でも今は大分落ち着いてます。

感想1

経験談を読ませてもらいました。

人と関わりたい気持ちがあるのかなと思いました。また、アクティブな面がありそうだなと感じました。もし、他人と関わろうとしなければ、人間関係で悩むことは少なくなりそうです。でもそうしたら、別の悩みが生まれてきそうです。

きっと、あなたにとっての理想があるから、それを叶えるために自分の意思をもって行動できるところがあるのだろうと思います。それは、強くて、素敵なことだと感じました。

ただ、現実はなかなか理想通りにはならないのですね。理想通りではない現実に対して、どうしようもなくなって、涙が出るのかなぁと想像しました。

悩んだり、わけわからなく泣いたり、落ち着いたり…というのは、あなたが自分らしく生きている姿なのだろうと思いました。思った通りになる人生よりも、悩みを繰り返す人生の方が、自分から見ても周りから見ても、生きている感じがするのかもしれないと思いました。

感想2

中学生の頃から人間関係に悩んできたことが伝わってきました。
そして、人間関係に悩みながらも志望校に入学し部活に必死になるなど投稿者さんが自分の人生をよりよいものにしようとしてきたことも伝わってきました。

私には。投稿者さんが人間関係に悩んで本来の力が発揮しずらくなっているように見えました。
そして、もったいない気持ちになり人間関係について考えてみたくなりました。

人間関係も人によって悩みの中身は違うと思います。
誤解されやすかったり、相手が急に怒りだしたり、人の顔色ばかり気にしてしまったり、断ることができずに我慢が多かったりなど人によってさまざまな傾向があると思います。
投稿者さんは、人間関係のどんなところで上手くいかないと感じたり悩むことが多いのでしょうか?投稿者さんの文章を読んでいて、私はもっと詳しく知りたい気持ちになりました。

自分にはどんな特性やクセがあるのか、自分にはどんな人や付き合い方が向いているのかについて、良し悪しの評価なく知ることができる機会が社会には少ないように私は感じています。
自分の言動で相手がどんな気持ちになるのか、相手の言動で自分がどんな気持ちになるのか、自分の言葉にはどんな意図があるのか、相手の言葉にはどんな意図があるのかが言葉にされることが少なくて、嫌な思いをしたままになっていたり、させたままになっていたりすることが多いなとも私は感じています。

そして、人間関係が嫌になったり疲れた時には人間関係から離れてみたり、自分にとって刺激の少ない人との付き合いに人数を絞ってみたりと工夫しながら自分にとって合う形ができてくるのかななんて考えたりしました。

投稿者さんがこうして経験談を投稿してくださって、私には人間関係について考えて言葉にする機会ができました。ありがとうございます。