変わらなきゃ、でも…

神奈川県・40代・女性


現在就業中かつ受診中です。

現職には昨年6月より勤務、通院歴は凡そ3年ほど(服薬も同じくらい)です。
受診のきっかけは、前職にて仕事を覚えようとしない、年長後輩の社員に接する態度が「優しくない」「思いやりがない」と他の職員から言われ続け、その人(仕事が覚えられない)の退職についても、私が原因とされたことから、人と話をすることが苦痛になったことが理由です。

最初に通ったクリニックでは、PMSと言われましたが周期と気持ちの波に関係性がなかった(と思う)のですが、暫く通院しても良くならず(先生には、ホントのうつになっちゃったねwと言われました)仕事関係の知人より勧められ転院しました。

昨年6月に転職し、環境も変わって気分一新と思っていましたが、10月頃より周囲の職員とコミュニケーションがとりにくくなり(元々私はコミュ障の気がある)、今でも良く理由が分からないが、同僚にお客様の前で叱責される。それで集中力をかいたのか、通勤時に自転車事故で負傷、業務中に自動車事故(物損)を起こす。

結果、上司からの信頼を失いカンタンな仕事しか任せてもらえない状況。

転職した際には環境のせいにできたが、こうも続くと私自身に原因があることは明白。私が変わらないといけないことは、分かっている。が、変わるための気力にムラがある。また、自傷行為がやめられず、希死念慮が強くなったり落ち着いたり…。

リアルでこんな相談されると、された方が困ると思うし友達も少ないので話はできません。どうしても堪えられない時には、クリニックのカウンセリングを受けて吐き出しています。が、月1ペースの受診であるためリアルタイムで吐き出すことはできません。

環境には恵まれているので、死にたいなんて贅沢だとは思います。が、生きがいもないし生きていたいとも思えない。

感想1

経験談を投稿いただき、ありがとうございます。

前職場の後輩の退職理由を一方的に自身のせいにされたような印象だったのかな、と感じました。自分の言葉がトラブルにつながるなら、人と話すことが苦痛になっても不思議はないと考えていました。

最初に通ったクリニックでのPMSという話でも、投稿者様としてはあまりピンときている印象がなかったように感じられて、なんだかよくわからないうちにつらくなってしまったのではないかと想像しています。

また、転職先でも、同僚にお客様の前で叱責される状況はプレッシャーがかかるだろうし、居心地の悪さがあるのではないかと勝手に感じ取っていました。これについても、なぜそうされるのかよく理由がわからないとありました。

「わからない」って不安で怖くて、それが余計に自身を苦しめることがあるかもしれない、なんて考えてしまいました。

前の職場も今の職場も、勤めやすそうな雰囲気は投稿者様の文章からは感じ取れませんでした。だから、環境的にも難しさがあるのではないかと考えていました。

でも、自分自身が変わりたいと感じているのかなと感じました。ただ、気力にむらがあるとなると、余計にしんどさが増しそうだし、そのしんどさが自傷行為や希死念慮につながってきそうだなと思います。頑張りたいのに頑張れないのは、もどかしさがあるなあと想像していました。

環境に恵まれているから死にたいと思うのが贅沢ということはない、と個人的に思いました。どんな環境であれ、死にたいと思う気持ちは制限されるものではないと思います。たとえ他者からよく見える環境でも、本人なりの感じ方があると考えています。また、死にたい気持ちは内から湧き上がってくるもので、なかなか抑えることは難しいのかなと思ったりもします。

リアルでこのような話できないとありましたが、ここに投稿いただけたということは、ネット上であればお話ししていただけるのかな?と思いました。また、ネット上であればクリニックのカウンセリングよりは高い頻度で気持ちを吐き出すことができるかもしれないなと思っています。

クリニックでの吐き出しは投稿者様にとって必要な場所になっているのだと想像しています。それを継続しながら、もしよかったらまた、ネット上の居場所でも吐き出してもらえたらうれしいです。

感想2

環境には恵まれている、と書かれていますが、前述された現在の環境を見ると、現在の環境もとても恵まれているという印象を受けなかったため、そのギャップが気になりました。

もともとは恵まれていた環境なのに、自分の側に原因があり、そのせいで「環境」は恵まれているけれども「状況」が悪くなっている、と感じているのでは…と解釈しました。

ご自分が変わるために、カウンセリングを受けたりなどと、自助努力もされているのにというお気持ちと、日々溜まっていく心の澱…

コミュニケーションの部分での難しさがあるとご自分で感じられているとのことですが、お話を伺っていると周囲の方もあなたに対する理解や配慮が欠けていると感じました。

職場は単に言われたことをやればいいというわけではなく、それをやるためにはお互いのコミュニケーションや相互理解が欠かせません。あなたばかりが心を砕いて努力をし、前の職場も今の職場も、どうしたら分かり合え、円滑に一緒にやっていけるか、という姿勢が足りないように感じました。というのも、会社には従業員を育てる、という役割も持っているはずなのです。事故を起こしてしまったからカンタンな仕事しか任せない、というのはあまりに安直な対処法だと感じました。今後どうしたらこのようなことが起こらずに業務が行えるか、運転等を行わずに業務に取り組む方法はないのか、等を模索すべきだし、お客様の前で叱責するなど言語道断だと思いました。

しかし実際にはそのことを理解せずに人の上に立っている人、そうして成り立ってしまう会社を認めてしまう社会に憤りを感じます。生きたいと思えない、と思ってしまうのにも頷けます。

正しいコミュニケーション、確かに「話し方教室」的なものはあると思いますしある程度の「こうした方が円滑にいく」というのはあると思いますが、何が正しいコミュニケーションかなんて、めちゃくちゃ曖昧だし、理不尽だと思います。こうまで行くと環境のせいにはできない、との言葉がありましたが、「こうあるべき」を求められる場所ではなく、「あなた自身はどういう人なのか」という点に目を向けて人と関われる環境に出会ってほしいと思いました。