孤独感との闘い

北海道・38歳・女性


私は母親のネグレクトで育ち、父親の酒乱からの虐待で育ちました。
それのせいか幼稚園というまだ素直で純粋な年頃なのに万引きを繰り返してました。
幸い祖父母がいたのである程度そこまで心が壊れなかったんだと思います。

そして小学中学年の4年間クラス全員からの壮絶なイジメにあい、それでも負けじと学校へいっていました。
中学に入ってイジメはなくなりました。
何故なら自虐のネタで笑わせていたからです。
その時にはもう自己肯定感も自尊心もないに等しい人間になってました。
そして中学2年には姉の彼氏に犯され、そこから性に対しても狂っていきました。
親の愛を知らずに育った私は男に抱かれる事で安心感を得ていたと思います。

高校に入り妊娠中絶二回しました。付き合ってると思っていても気づけば浮気相手、他にはまわされたり売られたりと男性不信にもなりました。
自業自得なんですけどね。
誰といても孤独感が凄くて生きるのが辛いです。できることなら今すぐ楽になりたい。
一度でいいから愛される幸せを感じてみたいです。

感想1

経験談への応募ありがとうございます。
これまでの人生の中で過酷な体験を繰り返してきたことで、あなた自身が自分を大切に感じられるような経験がとても少なかったのかなと想像しました。祖父母さんの存在があったからっと書いてありましたが、そのような存在が学校や付き合った相手などにもいらっしゃったら、あなたが孤独感に苛まれることなく、愛される幸せというものを求めることなく過ごすことができたのかもしれません。
そのような経験をするのは残念なことに今の社会の仕組みで担保されにくい部分で自助努力を求められてしまうのが悔しい限りです。

ただ、そんな経験ができる場はどんな場なのか。必要な経験ってどんなことなんだろうと一緒に考えたいなっと思いました。今すぐ楽になるということは難しいのかもしれませんが、一緒に考えることであなたにとっての居場所や安心感を私たちに教えてほしいです。

感想2

経験談の投稿ありがとうございます。
ひとつひとつの言葉にどれだけの苦しいエピソードがつまっているのだろうと、想像しながらゆっくりと読みました。

幼いころから現在にいたるまでのあいだに、ネグレクトや虐待、いじめや自虐、性的暴行など、たくさんの、本当ならあなたが負わなくていいような苦しさを負わされてきたのだと思います。抱かれることで得る安心感も、書かれている状況から考えるとあまり適切なものではなかったのだろうと想像しました。

ただ、それはあなたが悪いということではなく、あなたが適切な愛情の求め方や、自分の身の守り方を教わるタイミングや、教えてくれる人がなかったこと、それどころか間違ったやり方しか教われなかったという状況のほうが問題なのだと感じます。

個人的には、「自業自得」という言葉があまり好きではありません。(もちろん、あなたを責めているわけではけっしてありません)
自業自得という言葉は、「だから仕方ない」と納得させる言葉だと思いますが、世の中は残念ながら納得できないような理不尽なことにあふれています。あなたが置かれてきた状況はとても理不尽で、私はその状況やそれを生み出した社会に強い憤りを感じました。
怒って、傷ついて、逃げ出していいことです。
でも、傷ついていると疲れてしまうから、自分の心を守るために自業自得だと思わないといけなかったのかもしれないと想像しました。

いまのあなたには居場所と感じられるようなところはありますか?
逃げ出して、安全を感じられるような、安心していられるようなところはありますか?
孤独感というのは、「自分がここにいていいと感じられない」という感情にも近いのかなと想像しています(違ったらごめんなさい)。

もしよければ、あなたの考えや思いをもっと聞いてみたいと思いました。
私たちは「死にトリ」のサイト運営をしたり、自分たちの今までの日々や育ち方を振り返ったり、それを話し合ったりしながら、自分自身の生きづらさを、そして生きづらい社会をどのようにして変えていけるだろうかと考えています。
あなたも、ここでいっしょに活動してみて、そのなかで考えていくのもいいのかもしれないと想像しました。もし興味があったら、お返事をもらえたらうれしいです(今じゃないなと思ったら、それでも大丈夫です)。