ここチャット

ここチャットはLINEオープンチャットのトークルームを利用しています。下記リンクよりお進みください。 ※ご利用にはLINEアプリが必要です

使い方

ネットの居場所ポータルサイトでは「様々な悩みを抱え生きることがつらい人たちが参加しやすい居場所を提供することで、所属意識や相互承認を高め、心身の回復及び社会復帰を促すことを目的」にチャットルームを設置しています。
このチャットルームを有益かつ安全に利用してもらうためのポイントをまとめましたので、よく読んで、効果的に使ってもらえると嬉しいです。

チャットルームの可能性

このチャットルームには以下の可能性があります。

  1. 死にたいほどつらい気持ちを抱えている人がいつでも気軽に、人とつながり、他の人の存在に支えられる機会になります。
  2. 通常の相談における「支援する側と支援される側」という一方通行の対人関係ではなく、当事者同士が互いに支え合うことができるので、参加する人たちのエンパワーメントを高める機会になります。
  3. 過去の失敗体験によって傷ついている人たちにとってチャットルームという敷居の低い場で対人経験を蓄積し、対人スキルや社会性について考え、身に付ける機会になります。

チャットルームのいいところ

ユーザーの利用の様子や意見から、チャットルームには以下のようないいところがあることがわかりました。

  1. 繰り返し利用することで、お互いに顔見知りになり、関係性がつくられ、お互いのつらさや思いを理解したうえで、コミュニケーションや支え合いができる場になります。また、よく利用する先輩が新しく利用する人を歓迎したり、ガイドをしたり、ある種の所属コミュニティになります。
  2. 会話に参加しなくても、ルームの会話を見ているだけで、人の存在を感じて安心したり、共感したりすることができます。視野が狭くなりがちな人や孤立している人が見方を広げ、ヒントを得ることができます。

チャットルームに起こりうる問題

いいところや可能性がある一方で、使い方によっては以下のような問題が起こることもあります。

  1. 死にたい気持ちが強い人が自殺の募集を行うなど、自殺念慮の共鳴が広がる場になってしまうことがあります。
  2. 対人関係や社会性に課題がある人が攻撃的な発信やハラスメント発信、いじめ、差別的な発言などをして、他のユーザーが心理的負担を感じたり、傷ついたりすることがあります。
  3. 個人的な搾取などをねらって、悪意で個人情報の収集や不当な勧誘をしてしまうことがあります。
  4. 繰り返し利用するユーザーがグループを作り、力関係が生じ、パワーゲーム、個人攻撃、陰口、いさかいやいじめなどが起こることがあります。

居場所ルームはどんなところ?

スタッフが司会を行い、テーマに基づいてユーザー同士で情報や意見の交換をします。
1回1時間半を目安に実施しています。スタッフはそれぞれの専門性や興味関心に応じてテーマを設けています。ポータルサイトとTwitterで開設の予定や様子を紹介しています。
ユーザーからの意見を聞くことと司会スタッフの研修、新規ユーザーの開拓を目的として、月1回程度の居場所ルーム強化実施日を行っています。詳しくはスケジュールを参照ください。
それ以外にも必要に応じて企画ルームを設置することがあります。

チャットルームの上手な使い方

チャットルームの効果や問題はみなさんの使い方によって違ってきます。一人ひとりのちょっとした心がけで、みんなの居場所がより使いやすく、可能性の広がる居場所になります。ちょっとした心がけとして考えられることを書きますので、参考にしてください。

  1. メッセージはI(アイ)メッセージで伝えよう
    (人のことをジャッジする「あなたは○○だよね」や一般論を押し付ける「普通はこうだよね」ではなく、「私は~だと思います」という発信は私とあなたは違うからお互いに尊重しましょうという意味が自然と含まれる便利な伝え方です。)
  2. ほどよい自己開示がみんなの心を開くきっかけに
    誰かに質問する時には「私はラーメンが好きですが、あなたは好きですか?」とまずは自分のことを話してみると相手の心を開き、答えやすくなります。相互に自己開示し合って理解や承認の輪を広げてみましょう。
  3. 我慢しないで率直に誠実に
    嫌なことや答えたくないことがある時は「そう言われるとしんどいです」「それは内緒です」「ちょっとしんどくなったのでいったん抜けます」など自分の気持ちを伝えることは自由ですし、むしろ歓迎します。率直に誠実に気持ちを伝えあえる空間づくりをしましょう。
  4. 「違い」は「間違い」ではない 「違い」を尊重しよう
    ここは多様な価値観を許容する場でありたいと思って設置しています。自分と違う価値観や考え方があっても、お互いに尊重しましょう。また、少数派の意見は多数派の意見よりも少しだけ大切にしてもらいたいと思っています。なぜなら、多様性が認められることが生きやすさのポイントだと考えているからです。
  5. 批判や審判は抜きにみんなでいい聴き役になろう
    違いは尊重するけれど、何を言ってもいいわけではありません。特に他の人を批判したり、否定して、自分の価値観を押し付けたり、正当性を強く主張したりするような発言は控えましょう。嫌な思いをした時や困った時には①のIメッセージで気持ちを伝えたり、提案をしてみてください。

また、いい聴き役がいることでルームは支え合いの力を高めます。聴き役が複数いたり、交代し合ったりできるのもルームの魅力なので、ユーザーの皆さんの力を貸してください。

禁止事項

チャットルームの安全な運営のため、以下の行為を禁止します。守られない場合には直接注意をさせてもらいます。注意をしても、行為をやめてもらえない場合にはコメントを削除するか、利用を解除させてもらいますので、ご了承ください。

  1. 他の人の権利を侵害するような発言
    明らかに特定の人を狙っての攻撃的な発言、誹謗・中傷など。または、少数者など特定の人たちへの差別的な発言を禁止します。
  2. 利益を得るための宣伝、勧誘行為
    このルームの目的に関係なく、利益を得るために行う宣伝や営業活動や特定の宗教、政治活動への勧誘などを禁止します。
  3. 自殺の募集、犯罪の予告など周囲に恐怖や不安を与える発言
    自殺募集や犯罪等の予告はもちろんのこと、自傷行為の中継や死について繰り返し発言することなど、周囲に恐怖や不安を与える発言を禁止します。
  4. 個人情報の書き込みや連絡先の交換
    個人が直接連絡を取り合うために個人情報や連絡先(名前、住所、電話、LINE、TwitterなどのSNSのアカウントなど)の交換は犯罪防止等の観点から禁止します。個人的なつながりを持つことを目的として個人が開設するサイト等への誘導も禁止します。善意であっても、周囲に危険を感じさせるなど、疑心や不安などにつながり、ルーム内が安心できる居場所ではなくなる影響にも考慮しています。
    なお、禁止事項に反しチャットルームにおいて連絡先を交換したことにより起こるトラブル等についての責任は一切とりかねますので、あらかじめご了承ください。

※本ネットの居場所では相談は行っていませんが、皆さんからの経験談を募集しています。経験談を書いてくださった方にはスタッフがメッセージをお返ししていますので、そちらも活用ください。

個別の相談をしたいとき

このチャットルームでは、「相談」というよりも私たち自身が言葉によってコミュニケーションをとり、心理的安全性を取り戻す場づくりに重きをおくようにしていきたいと思っています。それでも、何らかの「相談」が必要になる場合もあります。基本的には以下の日時で行なっているLINE相談が個別の相談として適していますので、こちらをご利用ください。

○LINE相談→LINE 「生きづらびっと」友だち登録
月曜日・火曜日・木曜日・金曜日・日曜日 17時から22時30分(22時まで受付)
水曜日 11時から16時30分(16時まで受付)